全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング愛知 1から学ぶボーカルレッスン スクールブログ 手話で歌を歌う...

手話で歌を歌う!?

手話・・・皆さんはご存知ですか??


私はいま、とある資格取得のための勉強の一環で手話を勉強しているのですが、

これがなかなかおもしろいのです(^_^)


手話は基本的に、聴覚に障害を持った方々の会話のために使うものです。

手の形で「あ、い、う、え、お」を表現したり、

そのほかにも「春、夏、秋、冬」などの単語も表現できたりします。

なんと、「東京、京都、札幌」などの地名も表現できるのです!


『いろんな単語も表現できるんだから、
手話を使って歌を歌うことも出来るんだよ!』

と、手話の先生はおっしゃいます。


早速チャレンジしてみよう!とのことで・・・

その時の課題となった曲は

岡本真夜さんの『TOMORROW』でした。


簡単だろな~と思ってやってはみたものの、

なかなか上手くいかないものです・・・(;-_-)

それでもやっていくうちにだんだん楽しくなってしまい、

気づけば私は一人だけノリノリでやってしまっていたのでした(^_^;)


しかし、この日の手話のレッスンは本当に勉強になりました・・・。


耳が聞こえない方も、いろんな形で音楽を楽しむことが出来るんだということ。

音楽は『音』だけではないということ。

楽器を演奏したり歌ったりする以外にも、それを表現する方法は無限にあるのですね・・・。

そして、手話をボーカルのパフォーマンスにも用いられるということ。
(世界に一つだけの花 の振り付けの元は手話にあるという話もありますよね。)


手話と音楽は全く違うものですが、

こうして結びつけることが出来ると、どちらもより一層おもしろくなりますよね!


いい勉強が出来たと思います!(^_^)

皆さんも、ぜひいろんなことにチャレンジしてみましょう!

 

(2013年4月17日(水) 23:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。発声の構造~弾き語りまで、情熱のレッスン

1から学ぶボーカルレッスン
川上隆史 (ボーカルトレーニング)

名古屋・金山・鶴舞・勝川・春日井(JR)・日進・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚...

ブログ記事 ページ先頭へ