全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 みかの部屋 スクールブログ こんな夜中に。

こんな夜中に。

まだ起きてPCと格闘中です。

今私を取り巻いている色んなものたちを一つ一つ自分のものにしていくには、なかなか時間がかかりますね。

最近思うのですが、

言葉使いは、魔法使い、だと思うのです。

相手の言わんとする事を、

深くまで汲み取って、的確に解釈をし、

その気持ちをよりわかりやすく、そしてポエティックに解説できる人の存在に最近気がつきました。

理解力の素晴らしさ、言葉のチョイス、相手に対する思いやり、配慮、
すばらしすぎるのです。

きっと、その人の見る世界は、私がみている世界以上に

たくさんの面白いものが転がっていて、
色んなものがキラキラしていたり、
またはたくさんの人の感情のうごめく線が見えているんだろうと思ったら、

自分の見ている世界の小ささが悲しくなりました。

感情に敏感であること。

言葉でいかに具体的にその感情をとらえるか。
難しいけど、気にする事でもっと違う世界を見る事ができるだろうか?

ちなみに、感情を妄想して、一つの絵としてとらえる事もとても大切だなと思いました。

絵描きの心情ですね。

やはりアーティストにとって大切なことは共通するんだなぁ。


なんだろう、文章がまとまっていなくて申し訳ないのですが、


いつも見ている景色も思考の変化だけで、wonderful worldに大変身するということですね。

なんだろう、恋する感覚に近いのかもしれないね。

言葉に恋をする。

それも素敵だなぁと思いました。




こんな感情を経て、オリジナルの歌詞を作って行くのです。
自分と向き合って行くと、新たな発見があって楽しいですよ。

オリジナル曲を作ってみたい方、ぜひ「一言日記帳」でも作ってみて下さい。
そして印象に残った言葉を残して行くと面白いです。おすすめ。

 

(2013年4月2日(火) 3:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本代表として、ニューヨークの世界ゴスペル大会に出演。専門学校で講師も

ブログ記事 ページ先頭へ