全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 顔で歌う。

顔で歌う。

私は、決して生まれつき歌がうまい、というわけでは無かったのですが、
いつも人前で歌うと褒められたことがあります。

「楽しそう」
「歌が本当に好きなんだな、と伝わってくる」

そう、少年少女合唱団に入っていたせいか、
子供の頃から「見せる歌い方」
つまり、表情豊かに歌うことが習慣づいていたのですね。


単に、見た目の問題だけでなく、
表情豊かに歌う事には大きな効用があります。



1、感情が伝わる。。
笑顔で歌うと、やはり声のトーンは明るくなる。
歌詞が「生きた言葉」として聞こえます。
役者がブッ帳面では、台詞も棒読みですよね。。。


2、声が通る。言葉が聞き取れる。
顔の筋肉をよく動かすと、
母音がはっきり聞こえるので言葉が聞き取りやすく、
口を大きく開けるので声量も自然にアップ!


3、音程が取れる。
自分の体の中で響かせる場所、声を当てる場所が分かると、
音程を正確に歌えます。
特に中音域は、顔の前面に響かせるので、
顔の筋肉を動かす練習と正確な音程を取る練習を組み合わせると、
顔で音程を取れるようになります。

たとえば、
自分にとって「高めかな?」と思う音で「ヒ、ヒ、ヒ・・・」と発声してみます。
はじめは、口角を下げて、目もうつろで、やってみてください。

次に、口角を上げて、笑顔でやってみる。
すこし明るくなりましたか?

そのまま、目をしっかり見開いて、眉毛を上げて、歌ってみてください。

「眉毛をあげる」これ、重要です!
音程をフラット気味に取る傾向のある人は、
眉毛を上げるだけでぴたっとピッチが合うことがあります。



顔の表情を動かす練習は、
鏡に向かって、「あ」「い」「う」「え」「お」と
ひとつひとつの母音を顔じゅうで言ってみてください。

あごに余計な力が入らないように注意しましょう。
ほっぺたと、目、そして目ぢからです。

 

(2009年3月5日(木) 23:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ