全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ ラップ練習法

ラップ練習法

今や完全に市民権を得た感じの和製ラップ。
私の知るかぎりでは、スチャダラパーの「今夜はブギーバック」がブレイクした辺りからだと思います。もう15年以上も前なんですね。。。

初め聴いたときは正直「気持ち悪い」「でもちょっと癖になる」という印象でしたが、
今や「カッコいい」「クール」というのが世間の評価でしょう。
わからないもんです。。。

で、
なぜラップがウケるのか。

それは、言葉が聞き取りやすいから、ですね。
それだけです。




下手にメロディーをつけるよりも、
メロディーがない(ほとんどない)状態の方が、言葉を語りやすい。

しかも、多少、クサい事を言ってても、
リズムに乗せてすんなり耳に入ってしまうのです。

これを利用しない手はありません^_^


リズムのある歌、
メロディーが複雑な歌、
テンポが早くて言葉数の多い歌
を練習している人は、是非試してみてください。


一度
メロディーを外して、ラップ調に言葉だけで語ってみてください。
出来るだけかっこ良く、ラッパーに成りきって!
振りなんかもつけちゃって下さい!

リズムを意識しながら何回もやってみると、
気持ちよくリズムに乗り、かつ、言葉をきちんと伝える為に

どの言葉にアクセントをつけるか、
どの言葉をスタカート(はねる)するか
テヌート(押さえるように丁寧に)するか

自然に分かって来ますね。

それが完全に身に付くまでラッパーに成りきってみて、
そのあとでメロディーをつけて歌ってみます。

すると
なんか歌が立体的に聞こえませんか?

言葉、という縦軸
メロディーという横軸
リズム、という奥行き

この感覚を忘れないでください!




よく分からない。。。。というアナタは
一度、体験レッスンに来てみてね!


 

(2009年2月27日(金) 12:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ