サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ カバーは、オリ...

カバーは、オリジナル歌手を越えられないか?

まぁ。。。そうですよね。

アレンジが違うとか、歌詞を自分で書き直したとか、でない限り、
既成の曲を既成のアレンジのカラオケで歌う場合、
どうしてもオリジナル歌手を連想しながら聞いてしまうものです。

たとえば、その「歌」が、単に
歌う人の声質や姿、仕種の可愛らしさ、
なんかをアピールするだけの目的ならば、それでいいと思います。

でもその「歌」で何かを伝えたい、主張したいなら、一工夫した方がいいかな。

歌い方を変えるとか。

もちろん、その歌をよく研究して、
歌詞の解釈、メロディー、リズムのの表現しているものなど、
上辺だけでなく、深く理解する事が必要です。




「愛してる。。。愛してる」という歌詞があるとします。
このふたつの「愛してる」は、同じメロディーの繰り返しで、
コードが違うとします。

そうすると、たとえば、最初の「愛してる」は相手に向けた言葉、
次の「愛してる」は、独り言のように、自分に言い聞かせ、噛み締める言葉、
とかいうように、理解を深める事ができます。
その部分だけで、表情や音量、声質の変化を付ける事ができます。

「あなた」という言葉ひとつとっても
年上なのか年下なのか、
長い付き合いなのか、深い関係なのか、
どういう経緯で知り合ったのか。。。
言葉の端々から想像する事もできるし、
自分の大切な誰かを想定しても良いでしょう。

こうやって歌を掘り下げて行くと、
たとえ他人が書いた曲、歌詞でも、自分なりの表現ができます。

一カ所でも、自分で考えた表現をする箇所があれば、
歌っていても楽しいし、わくわくします。
いわゆる「自分のものにする」という事ですね。
自分のものになった歌は、「借り物」ではなく
自分を魅力的に見せてくれる。。。

逆に言うと、
オリジナル曲は、
それを書いた時点で表現しきった気になってしまう、という
危険性もある訳です。
オリジナルを歌う人は、
後付けでもいいので、そのメロディー・コードの理由、意味を
考えて、歌い方を考えてみる事が必要です。





 

(2009年2月11日(水) 0:45)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ