全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ コードを知らな...

コードを知らなくても曲は作れる。

最近「作曲を教えてください」という生徒さんがいらっしゃいますが、
ポップスの「作曲」なんて教えられませんww

コード理論とか「コードの名前」くらいなら教えられるけどw

どんどん作って、形にして、人に聴かせる。
それっきゃないです。


10曲つくってやっと1曲名曲ができれば良いです。






どうも、皆さん、最初から良い曲を作ろうとしちゃうみたいで。
まだ4小節くらいのモチーフの段階で
「なんか小袋みたい」とか「ゆずみたい」とか言って
くじけてしまうんですね。。


そりゃー細かくみたら、似てる曲なんていっぱいありますよ^^;


大切なのは、まとめる。形にする。人に聴かせる。
つたなくても、うまく伝わらなくても、自分の中にあるモノを外に出していかないと、
何も始まらないんですよ。。

楽譜が書けないなら録音すればいい。
コードを知らなくても、「こんな感じの音」でいい。
楽器を弾けないならアカペラでもいい。

もちろん、それを人に伝える段階で、
コードの名前が分からないより、分かった方がいい。
最近はコードも教えるようにしていますが、
「コードを知らないから曲が作れない」という事はないです。

それを1曲の「作品」として完成させる勇気、だと思います。
(変な言い方ですが、これが一番しっくりする表現です。決断力、ともいいます)

一度形にしてまとめたら、それを繰り返し歌ったり演奏して行く過程で
「こっちの方がいいな」と変わっていくこともあります。
違う歌詞がついたり、違うアレンジをしたら急に名曲に成る事もあります。


とにかく、作ったら聴かせてください^_^

それが一番早い上達法です。


 

(2009年1月21日(水) 0:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ