サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ けんだまと逆上...

けんだまと逆上がりは、人が見ていると何故できなくなる?

ひとりでずっと練習して「できた!」

で、人を呼んできて、みてもらおうとすると。。。。「あれ?」




何度も何度もやって、「あ!できた!」

と「証人」を振り返ると、とっくに飽きてよそ見をしている。。。




こんな経験ありますよね?

なぜでしょうか?




当たり前のようですが、

人の目を意識した練習をしていない、からなのです。





ひとりで練習するときは、意識は100パーセント自分の内側に集中している。

ひとりでもギャラリーがいると、そのうちの50パーセントは、

「その人にどう見られているか」という、

外側に向かってしまうのです。




よく

「知らない人の前だとできるけど、知ってる人の前だとできない」なんていうのは、

知らない人=ジャガイモ(失礼w)くらいに思ってしまえるからでしょうw

知っている人は、あなたにとって大きな存在感があるので、

「どう思われてるのかな?」とか「あの不敵な笑みはどういう意味?」とか

気になってしまう。





人前で芸を披露したかったら、ここをまず克服することですね。

それも「間違えまい!弱みを見せまい!」と、外側にガチガチにバリアを張るのではなく、

「間違えてもいいや。この人なら許してくれる」という相手を選んで、

見られながらも集中する、という練習をしてみてはどうでしょうか?

いきなり大ステージに出るのではなく、

まずは、家族の前で。次に友人の集まりで。。。という風に。



本当にバリアを張らずにいられるようになると、

知らない人より知っている人の方が視線が暖かい、という事に気づくでしょう。




もちろん、アナタが芸事を習っているならば、

講師は最も近い観客です。

まずは、講師に対してバリアを解く練習をしてみてください。

 

(2008年11月28日(金) 12:51)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

ブログ記事 ページ先頭へ