全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 外側から自分の...

外側から自分の歌を聴く

以前から、「歌をうまくなりたいなら、録音しながら練習すること!」と言ってたのですが、

今、私は、自分のオリジナルアルバム、10曲入りのCDを制作中です♪
毎日、歌って録音、聴いてまた歌って録音。。。とやってます。

すごーく勉強になりますよ^o^

やっぱり、歌ってるときの感覚(良い声が出たとか、うまく表現が出来たとか)と
客観的に聴いた感じは、かなり違います!

まず
「声が良く出た。気持ちいい」と思うときは
大体、出過ぎていたり、微妙に音程を外していたり、
「思うように表現が出来た」と思うときは
意外に地味だったり普通だったり。。。

普段の練習がいかに独りよがりだったか、
思い知る訳です。。。

実は、
聴いて心地よく聴こえるのは、
呼吸とか、口の開け方、音程のキープ(横隔膜のコントロール)
が、冷静に出来ている時、だったりします。。。

歌は、まず言葉が聴こえないと話にならないし、
メロディーが明確でないと曲の良さが伝わらないからです。


だから、
最初は徹底的に基礎をやって
それが慣れたら感情表現とか、応用をしてみる
そして基礎を忘れてるな、と思ったら基礎に戻り。。。
と、この繰り返しです。。


あなたが
どのレベルまで、目指しているか、にもよりますが。

人に聴かせる歌を歌おうと志すなら
とにかく録音しながらの練習!!
ですね!!

 

(2008年9月29日(月) 22:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ