サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 3ヶ月で弾き語...

3ヶ月で弾き語りをマスターする~その7~

<9回目のレッスン>
今日から、楽譜を離れて歌詞カードを見ながら弾き、歌う練習です。
2ヶ月の練習で、しっかり楽譜は覚えてしまってます。
むしろ、本番で歌詞が思い出せなくなってしまう方がコワい。

私がやっているのと同じ方法ですが、
歌詞カードに、歌唱上の注意点
(強弱とか、子音をしっかり発音、とか、音程注意!とか)を書き込む。
余白には、「笑顔^_^!」とか、
「深く腹式!」とか
「急がない!」とか
本番でいつも通りに演奏が出来るように、いろいろ書き込んでおきます。

歌は、自分で思うよりも大げさに、
「表情」をつける練習です。

フレーズごとに、10ある声量をいくつ出すか。。を決めます。
ボリューム=3とか8とか10とか、
ドラマティックに音量変化を付けてみます。




なかなかイメージ通りにはいきませんが、
盛り上げるところと抑えるところのメリハリがつくと、
気持ちがノッて来て、歌っていても楽しくなりますよ^_^

<10回目のレッスン>
今日は主に、マイクの使い方をやりました。
弾き語りで使う「ブーム」という、
スタンドが途中で折れ曲がってる形のマイクですが、
まず椅子に座って高さを合わせる。。。これがとても重要!

低すぎると背中を曲げて姿勢の悪い状態で歌う事になります。。
ねじを締めるのですが、緩いと途中で落ちてくる。。。
背中を伸ばして、前を向いた状態で声が入るように、
その高さを覚えます。

鍵盤を見る時にも、口がマイクから外れないように。。。
顔を下げずに、目だけでちらっと見るようにします。
この辺りは意外に出来ていました!
初めからブラインドタッチを習得するべく
アレンジを考えたのが良かったです♪



 

(2008年8月25日(月) 17:49)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ