全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 我に返らない!...

我に返らない!!

ボーカルの生徒さんにも
ピアノの生徒さんにも、
最近同じ事を言われたのですが

「ふと我に返ると間違える」
「考え過ぎちゃって失敗する」


ボーカルで
なかなか音程を取れない生徒さんが、
講師のリードにうまく「のせられて」
少しずつガイドメロディを外して
完全にアカペラになってもちゃんと歌えてるときがある。

ただしそこで、
「ええと次の音は?」と改めて考えてしまうと、
とたんに取れなくなる。

今までの「音の取れない自分」に戻ってしまうのですね。

何かができるようになろうとしている時というのは、
今までの自分の行動パターンと違う事が起こるのです。

「ええと次の音」と考えなくても、自然に次の音が出て来るようになる。

その流れに身を任せて文字通り無我夢中になっていれば
やがて「出来る事」が当たり前になる。

そのときに頭を使い過ぎると
「(今までの自分だったら)出来なかったはず」という心理が顔を出してしまう。
「我」に返る、
つまり「出来ない自分」に戻ってしまうのです。

子供が芸事の上達が早いのは、
「頭で考えすぎる」事がないからだと思います。
そして、しがみつくべき「自分」がまだ確立していない。
大人になるほど、「我を失う」状態が怖いものになってくるのでしょうね^_^


大人は子供を見習うべきかもしれませんね。
レッスンに来られるときは「無」の心境で。
「いつもの自分と違う」と思っても我に返らないで!!





 

(2009年5月8日(金) 23:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ