全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ ピアノで歌う。

ピアノで歌う。

最近ピアノの仕事が増えて来たのですが、
ピアノソロでインスト演奏をする際は、
「ピアノ弾き語り」よりも疲れるような気がします。。。

自分自身は歌ってなくても、メロディーを弾く右手は精一杯歌っている。
メロディーにこめる「気持ち」を指先の微妙な動きで伝えるわけですから、
自分の声で歌うよりもずっと神経使いますね。。。

いいピアノが弾けてるな、いい空気を作ってるな、と思う時は、
歌う時と同じタイミングで深いブレスしたり、
繊細なフレーズを弾く時は呼吸を止めていたり。
一緒に「歌って」いるわけです。

言い換えれば、
右手一本でも、
メロディーだけでも、
気持ちをこめて「歌う」ことで
伝わる演奏ができるのですね!

音数が多ければ、
フレーズが難解であれば感動する、っていうわけではない。
たまには、シンプルなフレーズを、いかに「歌う」か
じっくり研究してみましょう。



 

(2008年8月17日(日) 23:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ