全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 止める練習、止...

止める練習、止めない練習

弾き語りの練習には、
「止める練習」と
「止めない練習」があります。

「止める練習」とは、
できない場所を何回も繰り返して慣れるようにする、
さらに細かい表現・ニュアンスが出るまでじっくり研究する、
という練習です。


「このAメロからBメロにかわるところでいつもつまづく」と言った場合、
そのつまづくところの前後を、できるようになるまで何度も繰り返し練習します。

前後4小節がスムーズにできるようになったら6小節、8小節と、
少しずつ長く続けて集中力を保つ訓練をします。


「止めない練習」とは、
文字通り、つまづいても「止めない」という練習。。。



多少、違うところを弾いてしまっても、歌詞を間違っても、
その曲の流れを断ち切らずに、続ける。。。という練習。
(俗に、ごまかす、とも言いますねw)
これは本番を想定した練習です。


新しい曲を練習して本番のステージに載せる場合、
習得して演奏が安定するまでは「止める練習」
安定してきたら「止めない練習」に切り替えて行きます。

早く切り替えすぎると、
ちゃんとした演奏ができないうちに「ごまかす」癖がついてしまい、
雑になる。

遅すぎると
1曲を通して演奏する集中力がついてこなかったり
本番でつまづいた時に頭真っ白!という事になります。。。

本番の予定がわかっている場合は、
「○○日前になったら止めない練習中心に切り替える!」と決めた方がいいでしょう。

また、その日の練習の中でも、
「チェックしながら、止めながらやってみよう」とか
「とにかく、通してみよう」とか
決めてやりましょう。

私はいま、45分×2ステージを想定した練習に入っています。
全曲、MC込みで本番通りにやってみています。

まだ、集中して止めながら練習する曲も2、3曲ありますが。。。。

とにかく、
本番前は、やれること全部!!
ベストを尽くす事ですo(^_^)o

<芽亜利・J 弾き語りライブ>
★6月14日(土)半立ち おかげや
新橋のSL広場側に出て、外堀通りを内幸町方面に歩き、
みずほ銀行の角を左に入ればすぐ見えます。

  18:00 open
  19:00~ /20:00~(45分×2ステージ)

お店は昭和レトロな感じの居酒屋さんで、
飲んで食べてリラックスして聴いて頂けます♪

詳細はHPまで。
http://mearij.velvet.jp/

 

(2008年6月5日(木) 0:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ