全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング愛知 1から学ぶボーカルレッスン スクールブログ 歌がうまい・・...

歌がうまい・・・そのココロは!?【長文です。】

例えば、初めて聞いた歌。

歌ってる人も、その曲も知らない、全くはじめて聞く歌。

聴いた瞬間、「この人、歌がうまいな!」と思って、
そのアーティストさんに興味を持ったりすること、ありますよね!

そうやってどんどん新しい音楽を自分に取り入れていくのは
自分の音楽の引き出しを増やし、
より表現を豊かにする材料集めが出来るので、
ドンドンやっていただきたいと思います♪


ですが、ここで一つ質問です。


『その歌を うまい と思ったのは、どうしてですか?』


音程やリズムがしっかりしているから・・・

気持ちがこもって、歌が音楽全体とマッチしているから・・・

歌詞やメロディがすばらしいから・・・


いろいろな答えがあると思いますが、

どれも正しい考えだと思います。



とは言うものの、

例えば、音程やリズムを正しく取ることに関しては
機械(ボーカロイドなど)のほうが人間よりも上手です。



ちょっぴりイジワルな言い方かもしれませんが、


音程がよければ、本当にそれでいい?

歌が全体となじんでいれば、本当に歌が上手?

歌詞やメロディは、歌の実力に直結するもの?



・・・『歌がうまい』というのは、


実はものすごく曖昧な表現なんです。


100%正しい答えはないのかもしれませんが、


その人の歌を『客観的』に判断しなければならないものです。


自分が『うまい!』と思うのは、


あくまで自分の基準であり、
『主観的』な感情で『好き』だというケースが多いのです。




歌ったり、聞いたりするのも自分ですから、
なかなか『客観的に見聞きする』ことは難しいものです。


歌に関してある程度熟練した方なら考えられるかもしれませんが、
初心者さんとなるとちょっと難しいかもしれません。



ですが、ここまでで一つだけ、
100%分かっていることがあります。


それは・・・

『初めて聞いた歌に、あなたは心を動かされた』

ということです。


心を動かされたから、そのアーティストさんに興味を持った。


そのアーティストさんの歌をうまいと思った。





・・・『歌が上手い』とはそもそもどういうことなのか??


それは、『人の心を動かし、共感を呼ぶ歌が歌えること』だと私は考えています。


発声の技術や音程、リズム、ビブラートなどのいろいろな技法、
歌詞やメロディ、いろいろな要素はありますが、


それ以前に大事なことはリスナーの皆に『共感』をしてもらうことなのです。


これからのレッスンでどんなに優れた発声を修得しても、

音程やリズムに寸分の狂いが無くても、

『共感』を得ることはなかなか難しいものです。



それを得るためには、むしろ優れた音程や発声よりも

『人間臭さ』が大事と言えます。


もっと単純に言うと、自分の弱い部分、かっこわるい部分のことです。

完全な人間なんていませんし、完全になることも不可能です。

だからこそ、歌を聞く人たちは『人間臭さ』に共感するのです。


発声を良くしたい。

音程やリズム感を磨きたい。

それももちろん重要です。


しかし、時にはそれすらも崩してしまうような練習も大事です。


弱い部分や、かっこわるい部分。

例えば、喉から搾り出すような、とてもいい発声とは言えないような声。

極端ですが、あえてわざと音程を外すように歌ってみたりするとか。
(かなり上級テクニックです。使いどころが大事です。)

それを意識的に、自分の望むタイミングで

自然にそういう歌い方にシフトできる実力を身に着けたとしたら、どうなるでしょう?


きっと、自分の歌が今以上に魅力的なものになることは間違いありません。


発声をうまくコントロールできるようになれば、
もう怖いものはありません!


弱さやかっこ悪い部分でさえも、勇気を持って出していく気持ち。


あなたの歌の世界を

大きく変える力を持っているかもしれません・・・。

 

(2013年2月6日(水) 22:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。発声の構造~弾き語りまで、情熱のレッスン

1から学ぶボーカルレッスン
川上隆史 (ボーカルトレーニング)

名古屋・鶴舞・勝川・春日井(JR)・日進・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚王山・...

ブログ記事 ページ先頭へ