サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ お芝居と歌

お芝居と歌

今までに何人か

声優さん、俳優さん(の卵、もふくむ)の歌を教えた事があります。

彼らはお芝居の勉強をしている訳ですから。。。

歌の指導にも、「演じる」という要素を重視するようにしています。



台詞ならば気持ちを充分に入れて言えるのに

歌になると「棒読み」になってしまう。。。

せっかくお芝居をやってることを活かせてない。。。



こういう時はまず「朗読」してから歌うと

だいぶこなれてきます。



あとは、「誰にむかって言ってるのか」「どこに向かって言ってるのか」
「どういう気持ちなのか」ということを細かく考えてみる

お芝居と同じです。

「こういう風にみせよう、きかせよう」という意図をハッキリ出さないと

伝わりません。

「ハッキリ」やりすぎたかな、というくらいやって、

相手にはやっと「ははーん。それを言いたいのか?」くらい伝わりますww

どうか、歌を「別物」にしないように。。。

 

(2013年2月4日(月) 16:40)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ