サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【やわらかいこ...

【やわらかいこと】

トレーナーというお仕事をしていて気づいたのですが、不思議なもので、身体が柔らかい人は柔らかい声が出やすく、身体が固い人は固い声がでやすいと感じます。

まぁすべての人に当てはまるわけではありませんが、8割くらいの確率でそうであると実感します。

なぜなのだろうと深くは考えたことはないのですが、固い方は往々にして力が入りやすく、柔らかい方は力を抜きやすい身体をしているのかもしれません。

確かに柔軟体操でのポイントは力を出来るだけ抜き、ゆっくり深い呼吸をしながらやります。
力任せに無理やりやろうとすると筋(すじ)などをいためることにもなりかねません。


だからといって柔らかい声が正解とも思えませんし、固い声がかっこいいなーというアーティストも沢山います。

ただ身体のバランスを整えたり、スムーズな声を出す基礎としては、柔軟性は必要なものと考えています。

まぁすぐに身体が柔らかくなるわけではないので、そうですね~3年くらいかけてゆっくりやっていく意識を持てるとよいでしょう。

「さ、さ、3年?」と言うなかれ。急がば回れ、石の上にも三年です。

 

(2013年2月4日(月) 14:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ミンネ用(販売用)に書いたハナミズキの絵です。 ピンクと白、皆さんはどちらが好みかしら? 初夏の真っ青な空に映える優しげな花はこちらを向いて微笑んでくれているようです。 ミンネHP→ https://minne.com/@shiten (ミンネ 始天)

ユリは英語でリリーです。 カサブランカ系でしょうか。 レモンイエローのユリが香り高く咲き誇っているようです。 夏のリースですね^_^。

明治からある曲ですが、作曲家は不明の曲です。 この曲は実は7番まであります。ちなみに7番の歌詞は… いで大船を 乗り出して 我は拾わん 海の富 いで軍艦に 乗組みて 我は護らん 海の国 皆さんが知っている1番や2番だけを歌うと海で遊ぶ子供をシメージするような童謡にも感じ...

大正2年に尋常小学唱歌として載せられた曲ですが、作詞者も作曲者も不明な曲でもあります。 高齢者の方々には「海」の曲といえばこの曲です。「海は広いな大きいな〜」ではないんですね〜^ ^。 たしかに曲としてはやはりこの曲の方が哀愁があり、雰囲気があり、いい曲だなぁと思います。 ...

心を少し涼しくしてくれるようなアレンジにしてみました。 シルバーリーフに白い花。 こんもりこんもり溢れていますね。 外のうだるような暑さを少しでも休めてくれると嬉しいです^_^。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ