全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 みかの部屋 スクールブログ 仮歌

仮歌

今日は仮歌の録音でした。

仮歌って皆さんご存知ですか?
歌を歌う人にとってはいづれ関わってくることなのですが、

作曲家さんが作った曲に、歌を入れるお仕事です。
これは世に出るものではなく、例えばその曲を聞いて誰かアーティストさんが歌うとなったら、歌声はアーティストさんに差し替えとなります。

つまり、アーティストさんは仮歌の声を聞いて、練習してくれる!というわけです 笑

作曲家さん、作詞家さんの思いを歌にのせて、より良い曲の力添えをするのが仮歌の仕事です。

これがなかなか難しくて。

「誰っぽく」っていうリクエストや、

ここの音は裏声で!

逆に地声で!

などなど、作曲家さんの意思を思いっきり表現するわけです。

なので、普段から人気のアーティストさんの歌まねなどしたりして、幅を広げています。

たまに演歌とかも来るので、演歌っぽさも身につけたりします。

こうやって、自分の歌える範囲が増えてくると楽しいですよ。
なので、普段から色んな人のまねをするのを、おすすめします♪

ちなみに、録音は自宅でしています。
マイク、オーディオインターフェース、DTMソフトなど基本的な環境があれば出来ますよ☆
最近の仮歌はほとんどデータのやりとりです。
もちろん作曲家さんのご自宅やスタジオに行って録音もしますが、宅録が基本。

歌がうたえるようになったら、仮歌にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

お仕事はいろーんなところからゲットできますし。


もしご興味のある方がいたら、レッスンでも仮歌のやり方など教えています。
ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね♪

 

(2013年1月17日(木) 11:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本代表として、ニューヨークの世界ゴスペル大会に出演。専門学校で講師も

ブログ記事 ページ先頭へ