全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ミュージカルボーカルクラス☆L'ange スクールブログ そして次の舞台...

そして次の舞台へ・・・

現在、次回出演するミュージカルの稽古中でして。
またブログの更新が滞りそうな予感がします(^^;)
すみません。。。

次の舞台も一応役つきでして、いくつか頂いている役の中にそれぞれ、ソロも台詞もあります。
でも、まだ台本を読みながら、どんな役にしようか考え中というところです!

まぁ今の段階で言えるのは、私は確実にコメディ要員で、現場はシビアで楽しい感じですね(^^)

コメディは成立させるのが難しいので、日々頭を働かせながら、色んな挑戦をしています。

今日(9月5日)の稽古では、私のコメディなソロがある曲ができたので、音とりから練習していったのですが、もう音を聞いてるだけで面白いなって思える曲でした。

同じ音がずっと続いたり、テンポが変わったり、アクセントの指示、フォルテ・ピアノの指示、ひとつひとつがその曲の面白さを作っています。

楽譜から、その面白さを読み取っていく。
どうしてこの音だけが上がっているのか、なぜ今下がった?……そういう読みとり、国語でいう「読解」が楽譜を読む上でも必要なんですね。

歌い手は、こういった曲の面白さをどう自分らしく生かしていくか、そのことに全神経を注がなければなりません。そこで始めて、自分が私が歌う意味、自分がそこに存在する意味を見つけられるわけです。

そういった作業をひとりひとりの役者が行っていく。その集大成がミュージカルなのです。


これから色んな曲がきて、色んな振付が入って、どんどん面白くなっていくんだろうな、と思うと今からわくわくします(^^*)

今回のメンバーは個性派ぞろいなので、自分が出ていないシーンがどうなっていくのか、すごく楽しみです!


ミュージカル「Melancholia」のご予約は、こちらからどうぞ!(宣伝。笑。)
http://ticket.corich.jp/apply/39381/012/

そして次の舞台へ・・・

(2012年9月6日(木) 1:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あのイクスピアリにも出演!ミュージカルを目指す方必見のレッスン

ミュージカルボーカルクラス☆L'ange
大西あき子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ