サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ MCは簡単に。

MCは簡単に。

ライヴはやってみたいんだけど、MCがあるからちょっとねぇ。。。

なんてMCに苦手意識を持っているVOCALさん、たくさんいらっしゃいますよね。

このブログを読んでくださっているあなたもそんな一人ではないでしょうか?

が、しかーし!ご安心を♪

実は私もMCや、まして人前で歌うことさえも出来なかった一人なのでしたから。

よく、kana(私のあだ名)は人前に慣れてるからとか、パワーがあるとか、やっぱりO型(O型の人が全員ではありません)だから~とか言われますが、決してそんなことは関係ありません。

どんな人でもほんのちょっと発するだけで、ライヴが盛り上がる効果をもたらすMC法があるんです。

では、せっかくですのでここで金澤流ライヴのMCで盛り上がるコツを紹介しましょう!

実はVOCALの役目はこんな簡単なMCだけでいいのです。

「みんな元気ー!?」

「盛り上がっていきますよ♪」

(バンドの演奏が終わった後)「YEAH!」

「今日はたくさん(実際に少なくてもいいので)集まってくれてどうもありがとうございます!」

「みんな最高~♪」

「素敵なバンドメンバーを紹介します!」

「今日は最後まで楽しんでくれてありがとうございました」

「アンコール嬉しい!ありがとう~♪」

などなど、ほんの一例をあげてみました。

ね、簡単でしょう?

ポイントとしては、メンバーの演奏を誉める言葉や会場に集まってくれた人への感謝の気持ち、ライヴを盛り上げるために明るい言葉を数回発するだけでいいのです。

難しく考えずに、その場に思いついたことでOK!

反対にMCでメンバーの悪口やマイナス言葉は、たとえ冗談でも絶対にNG。

最もメンバーが演奏してくれるおかげで歌える喜び、会場に足を運んでくださるお客様の心に感謝していれば、自然に感謝の言葉が出てくるものですが。

私が、この場にいられるのは数年前に勇気を出して自分でライヴをやった結果。

おかげで今は様々なミュージシャンに出逢え、縁が縁を運び音楽を通して人生を楽しんでおります。

もっと歌がうまくなってから、もっと曲のレパートリーが増えてから、なんてライヴを先延ばしにしていたら、あっという間に老化しちゃいますよ。

MCは簡単に。自分の気持ちに正直に。

楽しい人生を送るのか、先延ばしにしてあきらめるのか。

どちらもあなたが選択するものですが、

楽しんでいるところに幸運も人も集まってくる

どんなときもこのシンプルな法則を忘れずに。



失敗を恐れず、まずは一歩踏み出そう。

 

(2008年5月11日(日) 19:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

新着記事

先ほど、自宅にてレッスン。 ホームコンサートに向けて励んでいる生徒さん。たとえるなら、物件をさがしていて土地を購入したような段階まで進歩した感じ。

自宅で朝練中。 嵐山の音楽室のグランドピアノは、弦のはじく音がきらびやかで舞台やステージ映えするような音だけど 家のグランドピアノは、弾き語り用というか、アコースティックに向いているというか、あったかい深い響きのある弦の音が安心する。

今、無事に帰還。

帰りまーす♪ヽ(´▽`)/

歌える日が来るといいな。 今は、私は必要とされていないから、そこには行くことができないけれど その人のオリジナル曲がやっぱり大好きで、シンプルな言葉が心に刺ささって、優しい気持ちになるんだよね。 ライブとか動員数とか関係なく、純粋にいつかまたハモれると...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ