サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ ライヴ成功につ...

ライヴ成功につながる曲選び

2007年4月に県内某所で開催されたライヴに参加した時の事です。

私はプリンセス・プリンセスのコピーバンドvocalで200人以上の観客が集まる人の前で歌うことがました。

なぜ、200人以上も大勢の人が集まったのか、それについて考え、ひとつの答えがでました。

バンドメンバーの演奏力ももちろんその理由を大きく占めるものですが、他にもちょっと考えられることがあります。

それは、聴く人の知っている曲、もしくは聴いたことがある曲、昔懐かしい曲を選んだからだと思います。

例えば、もし私がライヴなどで聴く側だった場合、自分が知ってる曲やどこかで聴いたことがある曲を耳にすると「ハッ!」と立ち止まります。

そして、もっとライヴを聴いてみたいと思うように気持ちになりますし、もっと演奏を聴きたい、観たいと思います。

ですから私がライヴで歌うときの選曲方法は、基本的に「みんなが知っているポピュラー」な曲を選ぶようにしています。

選曲ひとつでお客様と一体感が生まれますし、聴くほうも歌う方も、お互いが気持ちよく音楽に浸れるなんて一石二鳥ですよね。



ライヴの選曲は、自分が歌いたい曲よりも、お客様の知っている曲やポピュラーな曲を選ぼう!

 

(2008年5月8日(木) 12:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

新着記事

レッスン後は、私が尊敬している音楽友達の練習に参加させて頂きました。 即興でそのときの雰囲気に合ったピアノを弾いたり、楽譜を見ないで弾いたり、アドリブもおちゃのこさいさい。 そんな才能があるのに、私が昭和の曲を弾き語りしているときに、急にタンバリンを探してきて、昭和...

今、川越にて練習。

6月22日のラストは、鴻巣にて金曜ピアノクラスのレッスン。 エリーゼのためにを最後まで弾けた生徒さん。熱心さが音ににじみ出ています。 教本を予習してきてくれた、元気いっぱいの5才の双子の生徒さん。待っている間に私の似顔絵を上手にバランス良く描いてくれてありがとうござ...

先ほど、東松山にてレッスン。 いつも素敵なご夫婦の生徒さんたち。 それぞれ個人レッスンを受けてくださり、驚くほど大きな声が出るように上達した生徒さん。音階もバッチリ! 初めてピアノを弾いてくれた生徒さん。早速、右手でメロディーが弾けました! ...

先ほど、自宅にてレッスン。 喉に何か引っ掛かっているような違和感があるとのことでしたが、どんなときにその症状になるのかとか、今までのレッスンノートを振り返ってみたり、生徒さんと様子を聞きながら、レッスン時間内で声がスーっと通るようになり、キレイな声になって良かったです! ...

ブログ記事 ページ先頭へ