全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【ヤッホー】

【ヤッホー】

さぁ、今日は高い声(高音)についてのお話しです。


高音域の声は別名「頭声」というように、読んで字の如く頭が響きます。

だからやり過ぎると、頭(脳)が振動しすぎて、耳鳴りがしたり、車酔いのような感覚になることがあるので、体調が悪い方、高齢者等には少し注意が必要です。


私は二度ほど富士山に登った事があるのですが、高く、目の前が何処までも開けているとどうしても「ヤッホー」といいたくなってしまいます。

そうです。この「ヤッホー」がポイントです。


高い声はどうしてもイメージ的に高く、上の方を意識しがちですが、それだけだとほとんどの方は喉がしまり、キンキン声か出ないかのどちらかになってしまいます。

そこで、富士山です!

そこは視界の遮るもののないだだっ広い場所です。

そこで遠くに向けて声を大きく出すと、多分だいたいの方は綺麗な高音が出ると思います。


そう、高音のポイントは高さと距離にあるんです。


もちろん土台となる身体や喉等の基本が出来ているにこしたことはありませんが、イメージするだけで、大分違うと実感できるはずです。


追伸…富士山でなければいけないわけではないので、あしからず、、!

 

(2012年5月8日(火) 19:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ