全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 発声練習と化粧...

発声練習と化粧下地は念入りに☆

私のレッスンは
腹式呼吸の確認→発声練習→歌唱 という流れで進めます。

最近、特に力を入れているのが
発声→歌唱へと移行して行く過程です。



発声 というといわゆる「あ」とか「ま」とかひとつの語で
スケール練習やスタカート、ロングトーンなどをひたすらやるやつですが


発声が良くできても、
そのまま「さあ歌いましょう!」といきなり歌に入ると
意外と活かせてないことが多いです。


なので、
その前にもう1クッション
「発声的な意識で、歌のメロディーを歌う」というのをやります。


つまり、
呼吸や支え、音程移動に注意しながら
歌詞でなく「の」とか「も」とか「ま」とか(オ段がいい感じです)
ひとつの語で発声練習的に歌うのです。


これをやると、苦手な部分がよーく分かります。

どの音程移動が苦手なのか
どの音域が出しづらいのか


この基礎的なことをおろそかにしたままいきなり歌に入ると、
どこかで誤摩化そうとしてしまいます。
言葉も伝わらず、メロディーもよくわからない、、、ということに成ってしまいます。


まず、ここをクリアしてから、
歌詞で歌い、表現を考える段階に進んだ方が
結果的には良い歌になります。



お化粧をするときは

まずしっかりと下地をキレイに塗ってから
目や口元のポイントメイクをしますね。



下地がキレイにできてないと
いくらアイラインや口紅をしっかり塗っても
どこか残念なお顔に成ってしまいます^^;



普段の練習の時も同じ

新しい歌を練習するとき、

もし、1時間あったとしましょう
4〜5分の曲が10回歌える♪

そしたら10回のうち7回を、「の」で発声だけを意識して歌ってみる。
自分の課題(歌いにくいところなど)を確認し、改善しながら。。。
7回歌うと、だいぶ安定して来ます。
安定して来たところで、
残りの3回を歌詞で歌う。


かなり、良くなりますよ!


この「確認」「改善」の作業は、
私がお手伝いします!


ボーカルの技術は(なんでもそうだと思いますが)
気づき、改善、反復練習、
この繰り返しです。


頑張りましょう^o^




 

(2012年4月15日(日) 10:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ