サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【簡単なようで...

【簡単なようで、難しいかも。】

今日は中音域の声についてお話ししたいと思います。

この前は低音域だったので、だんだん上がってきましたね!

さて、中音域ですが、分かりやすくいうと一番出しやすい声です。

「少し声をはって出してみよう!はぃ、どうぞ!」

と言うときに出る声です。

そしてこの声はその人の武器もしくは個性になりやすい声でもあります。


実際にはイメージ的に眉間あたりから出る声です。


レッツトライです!

お腹(腹式位置)と眉間、そして5~8メートル前方を一本の線で結ぶイメージをします。
その線上を声がボールだと考え、軽く投げるように声を出します。

しっかり腹式、姿勢等が出来ていれば、大体出ます。


中音域の声はその人がもっている基本となる声の質で、歌では大半の曲でもっとも使います。

これがコントロールできると高音、低音が楽になり、曲がしまります。

それだけ重要ですが、いかんせん皆さんある程度出せる為、質が高い所を目指すのを後回しにしがちです。
もったいないです。


前回も言いましたが、急がば回れってやつです。

 

(2012年4月10日(火) 16:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

【音楽療法ライブ・灯台守】 日本には明治時代に入ってきたイギリスの賛美歌です。 美しいメロディーと美しく力強い歌詞が、同じ島国の心を写しているようで心に響きます。 YouTube→ https://youtu.be/HEDnqyh84iQ (始天 音楽療法 灯台守)

【花びら焼け】 花びらが薄く繊細なバラは日差しによって焼けることがあります。 ベランダの黒赤紫のバラの花びら焼けの姿はまるで芸術品のような妖艶さを放っています。

【フラワーアレンジメント12月・晴れた日に咲いたら】 日の光をいっぱい浴びてゴールドとピンクの芍薬が咲いています。 可愛く、ハツラツとした姿がまだ見ぬ春を待ちわびるようです。

【リース・クリスマスといえば】 去年から今年にかけて作ったクリスマスリースです。 自分の家用の物、依頼された物などありますが、私のうちにはツリーが無いのでこれがクリスマス飾りです。

【音楽療法 パート4まとめ】 今まで音楽療法のことをお話ししてきましたが、今回が最後。 パート1のところでもお話ししましたが、音楽療法をやろうと思ったキッカケは音楽の可能性の追求でした。 もちろんそう思えるようになるにはいろんな経験をしてきたからですが、この音楽の可能性の追求は私...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ