全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカルスクール・スマイル スクールブログ 普段の生活の中...

普段の生活の中にヒントは落ちている

はじめましてはしもとひろしです。
まだ見ぬ生徒の皆さんに向かって書いています。
最初のブログ・・・何を書こうかなぁ
歌うこと・・・それはまず声を出すということ
なら そんなところから書いてみよう

声を出すというのはブレス(息をはくこと)
それとものすごく関係しているのです。
たとえば初心者の方でよくこういう方がいらっしゃいます。


発声練習とかやっていると・・・。

僕は、私は高い声が出ません!

はい。声は人それぞれ違うものですし
生まれ持ってのものですしそれはねぇ~
まぁ でもどんな声でもいいし、でるとこまででいいのでやってみましょう
はい・・・。

そう
はい。

そう
はい。

・・・。

・・・ってもうですか?

はい。無理です。


う~ん・・・そうですかぁ
では・・・あなたはジェットコースターは好きですか?

は?

いえ、ジェットコースターです。遊園地とかにある・・・あれです。

はぁ・・・まぁ好きですけど・・・。

乗っているときあなたはどんな声出しますか?
きっと・・・こんな感じではないですか?

きゃ~~~~~あっ!!


えぇ まぁ・・・(笑)

そのとき出している声と今あなたが出している声
何が違うと思いますか?それは・・・・・・息です!
たぶんあなたが「きゃ~あ!」って叫んだ音はこの音くらいです。(ぽーん)

へ?

高い声を出す。それは誰だって楽なことではないのです。
僕もあなたも、歌手の人だってそうなのです。
でも、訓練すること練習することでそれは身についてきます。
大丈夫!あなたにもちゃんと出せますから。
だってこの音まで「きゃ~あ!」って出せるんですから!

でもそのためには準備が必要です。

ブレス(息)を吐くこと
「きゃ~あ!」くらい強く吐くこと

口を開けること
「きゃ~あ!」ってどんな口?

はい。生活の中にヒントはあるものなのです。

では歌うために必要なブレスの練習方法と口の開け方をやってみましょう!

 

(2012年4月6日(金) 16:31)

次の記事

この記事を書いたコーチ

昭和音大卒・ミュージカル劇団でも鍛え上げられたシンガーソングライター

ボーカルスクール・スマイル
橋本寛 (ボーカルトレーニング)

東京・新宿・高田馬場・秋葉原・立川・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ