全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ミュージカルボーカルクラス☆L'ange スクールブログ エイプリル・フ...

エイプリル・フール

みなさま、エイプリル・フールの日ですね。
もうウソはつきましたか??(^^

でも、今日といえども、つくのはかわいいウソにしましょうネw
私は、学生時代によくしてやられました……くそぅ。


そんな日にブログを書くのは、ちょっとばかしためらわれるのですが(^^;

今日は「ウソ」についてのお話。

歌と「ウソ」は関係ねーだろ!!って思うかもしれませんが、関係ありますヨ。
なので、安心して(?)読んでください(^^v

********************

歌い手は「ウソ」をついてはいけません。
じゃあ、歌の「ウソ」って何かというと、

歌詞やメロディーと、歌い手の気持ちが違う

ってことです。
言いかえれば、「矛盾」ですネ。

楽しい~ららら~、みたいな歌詞なのに、

歌い手の気持ちは「音合ってるかなぁ」とか「今、失敗したなぁ」とか「この音きついよー」なんて思ってると、

楽しいー・・・らららー・・・(@@)

みたいな音と表情(顔)になってしまいますw

最悪、

楽しい~(^0^)ららら・・・(×σ×)

になりますwww

結構、色んな人の歌をみてても思いますし、
プロでもこういう人はいます。

そういう私も、練習段階はこうなります(^^;

やっぱり楽しい歌は楽しく、
悲しい歌は悲しく、
優雅な歌は優雅に、
切ない歌は切なく、

歌詞をよく読んで、メロディーを感じて、

「ウソ」をつかずに歌うよう心がけてみましょう(^^)
これだけで、ぐっと歌がイキイキとしてくるハズです!

 

(2012年4月1日(日) 15:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あのイクスピアリにも出演!ミュージカルを目指す方必見のレッスン

ミュージカルボーカルクラス☆L'ange
大西あき子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ