全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 Niccolino ボーカルスクール スクールブログ 2012年3月...

2012年3月11日

震災から一年がたちました。

mixiやアメブロには 地震の日の自分のことを書いたのですが
こちらには 地震のあとに思ったことを書こうと思います。


音楽の仲間や 演奏家、ミュージシャン…
音楽の力で何か出来ないかと…
みな思っていたと思います。


被災地に演奏を届けた人達…
自分の地域でのチャリティコンサートなどで募金を募った人達…
演奏には時期尚早…と自分が今できることを模索していた方… 悩んでいた方…

いろいろだったと思います。


私は アコーディオンの友人に 提案し、
江古田の珈琲店でチャリティーコンサートをひとつさせていただきました。


その時はじめて気づきました。
もちろん被災地への募金をつのるためであったのですが…
地震は、被災地から離れたこちらにも
人々の心に被害をもたらしていた、ということ。

連日の余震や
錯綜する放射能情報、テレビやラジオ・新聞などからの情報…


「歌きいて、やっと少し元気が出てきたよ!」
「震災以来、家の周りしか出かけられなかった…今日久しぶりに線路のこちら側まで来たんだよ。」

…ご高齢のお客様や常連さんが言ってくださいました。



現地でなく、こうして離れた東京でも
不安な日をすごし、音楽が少しでも安らぎになれたのかもしれない…

コンサートで常連さん同士の再会も
あのときは安否確認の手段になっていました。



音楽で傷口を手当して治したり、
速効性や直接的に力になることはできないけれど


あのときは
いらっしゃったお客様に演奏で少しでも安らいでくださること…
また自分自身も歌えるありがたさ、をしみじみ感じました。



震災当日にはつながらなかった電話やメール…
2、3日と立つうちに
生徒の皆さんやご家族とも連絡がとれ ひとりずつ確認していけたこと…


演奏もレッスンも その時々を大事にしていたつもりですが
震災ではそのことをほんとうに思い改めさせられました。


今は絶対ではないということ。こうやって音楽できるのも当たり前ではないということ。




(2012/3/12)

 

(2012年3月12日(月) 1:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌のお姉さん!童謡唱歌~ミュージカルまで、技術以外も伝授

ブログ記事 ページ先頭へ