サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【低は高を兼ね...

【低は高を兼ねる】

今日は低めの声(低音域の声)についてお話しましょう。

昨今、特に日本(アジア)では高い声がもてはやされています。

ポップで、キュート、爽快感、、、なんて感じでしょうか。(これだけではないですが。)

また人によってはどれだけ高い音が出るかの自慢競争みたいになっている方も多々いらっしゃいます。

これが決して悪いとは思いません。

実は私も結構そうゆう気があるので、人の事はいえません。


高い声が出ないので、歌えない曲がある方も決して少なくはないでしょう。

そこで、今日の本題「低音」です。


「えっ、まったく逆では?」

いいえ。とても関係が深いんです。


元々声の基本は低音にあります。もっとわかりやすく言うとしゃべっている声にあります。


高音域の声が綺麗に出ない理由の多くに力が入りすぎるというものがあげられます。
高音は力をぬくと綺麗に出やすいのですが、これがなかなか難しい。

もちろん呼吸や身体の使い方もあります。


でも、しゃべっている声で力が入りすぎている方は少ないと思います。

そこがポイントです。

わかりやすく説明すると、しゃべっている時の上半身の感覚を意識して、キープしつつ少しづつ音をあげていくんです。

ぶっちゃけ時間がかかります。

でも、高音だけをやってへんな癖がついてしまうより、よっぽどスムーズになるかと思います。

まぁ、急がば回れ&石の上にも三年ってやつです。

 

(2012年3月10日(土) 18:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

3ヶ月に一度フローリングにワックスをかけます。 今月はワックス月です! 腰をかがめての長時間のワックスがけはなかなか大変ですが、出来上がった後の鏡のような床に心まで綺麗になった気がして嬉しくなります^_^。 でもまだレッスン室と寝室が残っているので、後日頑張らなくては!

「セミプロ以上を目指す人は最低限の基盤を持て」 もちろんアマチュアの方もしっかり基盤があるに越したことはありません。 基盤があると音楽は数倍面白く、楽しくなるからです。 でも特にセミプロくらいを目指す人はやるに越したことがないではいけません。 やりなさい。 でもな...

8月の終わりくらいから夜RUNの時のBGMが変わりました。 秋の虫の音色です。 鈴虫?キリギリス?コオロギ?種類はわかりませんが、とっても心地の良い虫の音色の中を走るのは、日常のいろんな毒素を出してくれるようで気持ちいいです^_^。

夏の暑い盛り、ノウゼンカズラが高いところから釣り下がって咲く姿が思い浮かびます。 夏を代表するつる植物ですが、大きくなるのである程度の広さがある庭でないと育てるのが難しいです。 でもその迫力のある姿、オレンジ色の光り輝く花がとても印象的です。

100年以上前から歌い継がれている唱歌です。 鈴虫、キリギリスはわかりますが、松虫、くつわ虫、馬おいとなるとちょっと難しいですね^_^。 田んぼや野原が少なくなったのでなかなか沢山の秋の虫の声は聴けませんが、それでも、コオロギなどの声は聞こえてくるので秋を感じることができます。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ