サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【低は高を兼ね...

【低は高を兼ねる】

今日は低めの声(低音域の声)についてお話しましょう。

昨今、特に日本(アジア)では高い声がもてはやされています。

ポップで、キュート、爽快感、、、なんて感じでしょうか。(これだけではないですが。)

また人によってはどれだけ高い音が出るかの自慢競争みたいになっている方も多々いらっしゃいます。

これが決して悪いとは思いません。

実は私も結構そうゆう気があるので、人の事はいえません。


高い声が出ないので、歌えない曲がある方も決して少なくはないでしょう。

そこで、今日の本題「低音」です。


「えっ、まったく逆では?」

いいえ。とても関係が深いんです。


元々声の基本は低音にあります。もっとわかりやすく言うとしゃべっている声にあります。


高音域の声が綺麗に出ない理由の多くに力が入りすぎるというものがあげられます。
高音は力をぬくと綺麗に出やすいのですが、これがなかなか難しい。

もちろん呼吸や身体の使い方もあります。


でも、しゃべっている声で力が入りすぎている方は少ないと思います。

そこがポイントです。

わかりやすく説明すると、しゃべっている時の上半身の感覚を意識して、キープしつつ少しづつ音をあげていくんです。

ぶっちゃけ時間がかかります。

でも、高音だけをやってへんな癖がついてしまうより、よっぽどスムーズになるかと思います。

まぁ、急がば回れ&石の上にも三年ってやつです。

 

(2012年3月10日(土) 18:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

自然に枯れていく草花はある意味生命力を感じますが、植える場所が悪かったり、育て方が悪かったりして枯れた植物は悲しくなります。 前にも書きましたがハナミズキはたまに突然枯れたものを見ます。 青々と茂り生命力を感じる季節なだけにこの枯れ姿はやはり悲しみが込み上げます。

私の大好きな曲です。 なんと美しく哀愁のある曲なのでしょう。 さすがは北原白秋&山田耕筰コンビです。 でも曲としてはとても難しい曲で、2拍子と3拍子が交互に繰り返されます。 いつか自分のライブで歌いたいなぁと思ってます^_^。 YouTube→ https://...

青みがかかった赤ピンクのバラからはよい香りがします。 でも決して派手な雰囲気はなく、どこまでも優しいブーケです。

サルビア・グラニティカ、通称メドーセージです。 このメドーセージやチェリーセージは本当に使えるサルビアです。 初夏から秋までずーっと咲き、かんかん照りでも木陰でも、土壌もあまり選ばず育ちます。 庭があれば一家に一鉢ある重宝します。 庭が寂しくならず見所が長ーく続くからです!!

大正12年ごろの童謡、叙情歌です。 きんらんどんす、文金島田、鹿の子などなど花嫁衣装や髪型などの単語が沢山出てきます。 私も小さい頃親戚の結婚式で三三九度のお酌をする「雄蝶(おちょう)」の役をやったことを覚えています。 今思うととても貴重な経験だったと思います^_^。

ブログ記事 ページ先頭へ