全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 明けましておめ...

明けましておめでとうございます☆

みなさま、2012年とうとう明けましたね



おめでとうございます☆



昨年は、レッスンにおいては、おかげさまで飛躍的に生徒さんの数が増え、大好きな歌の仕事に全うでき、やりがいを持つことができ、幸せで充実した一年になりました。



人間的にも音楽的にも素晴らしい生徒さん、素敵な生徒さんとの出会いもあり、私の方がパワーをもらえた気がします。



ありがとうございました!



それから、音楽活動において一番嬉しかったことは、ファンがいてくれたこと。



たとえひとりでも、歌を聴いてくれてファンになってくれて、会場に足を運んでくれた方がいてくれたなんて、本当に嬉しかったし、歌をやっていて良かったと心の底から思えました。心から感謝しています!



その小さな小さな光を大切に心の中にいつも、どんなときも、忘れずにともしたい。



昨年の大晦日から、今年元旦にかけてカウントダウンセッションが行われ、高校生の生徒さんが、1月1日生まれのIZUMIマスターに誕生日ケーキのプレゼントを贈るという、心暖まるエピソードに感動しました!



前に何かのときに、ちょこっと私がその生徒さんにマスターの誕生日のことを話したのを、ちゃんと覚えていてくれた生徒のAさん、あなたは将来絶対に大物になるよ!



それから、泊まりでスノボから直行してご主人さまと一緒に来てくれたA美さん、白馬のお土産もかわいくて美味しくてありがとうございました!



むちゃぶりを含め(笑)たくさん歌ってくれたり、歌がすごく伸びて成長したA美さん(もしかして身長も伸びたかな?)、そしてご主人さま、めちゃめちゃギターうまいじゃないですか!!



ギターがうまいといえば、ひっぱりだこでお忙しい弾き群の管理人Jさん、少しの時間でしたがIZUMIに来てくれてありがとうございました。久しぶりにお会いできて嬉しかったです!お菓子も、みんなで美味しく頂きました。ありがとうございました!



新しいマイドラムを購入されたSくんが持って来てくれました。人前では初公開だそうですが、バリエーションが豊富で、お洒落なデザイン。叩きかたもすごく素敵でしびれます!ドラムもきっと幸せなんだろうなぁ。



ジャズセッション2年間、皆勤賞(だそう)の、S藤さんのリクエストで、私も弾き語りでハナミズキをセッションさせて頂きました。もぅ楽しかった!



ハイトーンボイスのM川くんが歌ったX(エックス)は、目をつむって聞いていたら、本物のTOSHIさんが歌っているように聴こえました。そっと目を開けるとMくんが身体を揺らし歌っていました。



She's goneも、前にチャリティーで歌ってくれたときよりも、声が太くなっていてナチュラルで聴きやすかった!



今後のご活躍も期待しています!!



Tさん親子もIZUMIに足を運んでくださり嬉しかったです!!



年越しそばもマスターのご厚意で美味しく頂き感謝しています。



私自身、今年は自分らしい歌も歌い、歌や音楽の勉強をもっとしたいしピアノも上達したい。前から興味があったジャズピアノに挑戦したいこともあり、S藤さんを見習ってジャズセッションに出来る限り参加してみたい。




いつも私たちに愛を込めて淹れてくれるコーヒー、夢と希望と素敵なパワーを与えてくれるIZUMIのマスター、お誕生日おめでとうございます



マスターやみなさんのおかげで、大好きな歌が歌えることに幸せを感じ感謝しています♪♪♪



今年も、みなさまと音楽を通して繋がれることを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします☆彡



最後に、生徒のみなさまにとって、ファンのみなさまにとって、事務局のみなさまにとって、そしてこのブログを読んでくださっているみなさまにとって、幸せな一年でありますように



2012年1月2日

金澤 敏子

明けましておめでとうございます☆明けましておめでとうございます☆明けましておめでとうございます☆

(2012年1月2日(月) 21:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

ブログ記事 ページ先頭へ