全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング大阪 モシモズ・ボーカルスクール スクールブログ レコーディング

レコーディング

今日はレコーディングをしてきました!

ライブはもちろんですが、レコーディングもすごく体力を使う作業です。
それに、ものすごくお金も使う作業です。笑

レコーディングスタジオでプロのエンジニアさんに録ってもらうのは、安くはありません。。
しかしお金と体力を使って録り終えた音源にはすごく愛情が湧くものです。

だからといって、音源をすごく気に入るということも、正直ありません。
まぁこれは個人差があるとは思いますが。
音を録ると改めて自分の欠点や弱点が見えるわけで、ちょっと自分の事を嫌いになったりもするわけです。笑

それも悔しいし、何より楽しいから、また日々練習に励むわけです。


レコーディングの日は歌録りの時間を考えながら食事をとります。
お腹いっぱいの状態ではきちんと歌う事が出来ないからです。
飲み物にも気を使います。

これはライブの日でも同じです。
僕はブラックのコーヒーと水を飲みます。ひたすら。

これまでの音楽人生の中で一番しっくりくる飲み物だからです。

炭酸はダメとかアルコールはダメとか、よく言われますが、コーラ飲みながら歌ってた時期もありました。
そのときうまく歌えてたかどうかは覚えていませんが、今僕にしっくりくるのは炭酸飲料じゃないことは確かです。
炭酸やアルコールが物理的に良くないのは理解できますが、コーラ飲みながら最高のライブをするアーティストもいます。

なので「この飲み物は良くない」という情報はあくまで"基本的には"ってことなんだな。と解釈しています。
上手にこなすことが音楽とは思いませんから。

音楽とは人間なんだと考えています。


んーなんだか深い話になってきそうなので、この辺でやめときましょう。笑

レコーディングで疲れたし。寝ます。
おやすみ。

レコーディング

(2011年9月24日(土) 23:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪芸大音楽科卒!コンテスト参戦やライブなど精力的に活動中

モシモズ・ボーカルスクール
石村有輝 (ボーカルトレーニング)

梅田/大阪・天王寺・京橋・芦原橋・福島・天満・寺田町・難波・天神橋筋六丁目・中津・心...

ブログ記事 ページ先頭へ