全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング大阪 HOT SUN ボーカルスクール スクールブログ ミドル・ボイス

ミドル・ボイス

こんにちは!

黄砂が吹いたり、雨が降ってジメジメしたり、
夏のように暑かったり 毎日天気が変わりやすいですね。

私は実のところ、ハウスダストと黄砂は覿面に
ダメです。さらに紫外線のアレルギーなので
夏は大好きだけど 日焼けすると痒くなるので困ります。

さて 今日はミドルボイスについてです。
チェストボイス(地声)~ファルセット(裏声)
やヘッドボイスの間の声がミドルボイスといわれています。
ミックスボイスという言葉もありますが
講師によってその定義は違うので曖昧なようです。


私は今まで男性の生徒さんをうけもったことがなかったのですが
先日、モニターレッスンをお願いして 
いろいろと研究させてもらいました。

地声で出せる限界がありますよね。
そこから上を弱くならないように切り替えるわけです。
具体的にミドルボイスがどのへんか というと
キーは 男性がだいたいEかF(ミとかファ)くらいで
女性ではA~C(ラ~ド)で切り替えるポイントになります。

人によってキーも違うので それをどう使いこなしてゆくか 
は レッスンでやってゆきますが
鍵盤弾ける方は 一度調べてみてもいいと思います。

ミドルボイスは、その曲の中で一番パワーを伝える部分
になることが多いので しっかりレッスンしてゆけたら
と思っています。

それではまた★


 

(2011年5月12日(木) 0:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Jazz、こぶし演歌も!色んな「歌」に関わった先生だから安心

ブログ記事 ページ先頭へ