サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 歌の練習☆

歌の練習☆

今日は定休日ですが、地震の振替で所沢にてSさんの体験レッスンでした



ナチュラルな声なのに、ご自身の歌について色々と話してくれて、試行錯誤しているんだなぁ~って思った。



ギターって弾く前にチューニングをしますよね?



歌も同じです!



歌う前にスケール練習しておくと、安定して歌が歌えます。



生徒さんには、今年最初にスケール練習CDを渡しています。



ポイントは、高音部にさしかかったところでアゴを引く。



のどの奥がひろがり、声のひっくり返りを防ぎます。



歌うときの姿勢は、前を向いて胸を開くように。



ブレスをするときは、肩や胸が上がらないように。(腹式呼吸を使って、お腹だけが膨らむように)



ブレスは、ひとつのフレーズを歌うための息があればいいので、鼻から吸ったもので十分な量なんです。



だから、鼻から息を吸って、次のフレーズを歌って、鼻から息を吸って次のフレーズ歌う…の単体の繰り返しが総合的に一曲を歌いあげるということになるんです。



声が誰かと近いことはあっても、同じ声の人は世界でたったひとりだけの貴重なもの。



ボイトレで声を磨いて心も元気になろう!



読んでくれてありがとう

 

(2011年4月11日(月) 21:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

ブログ記事 ページ先頭へ