サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【7th】

【7th】

今日はコード感について書こうと思います。

「私ボーカルなので、コードがわからなくてもいいわ。」

いいえ!実はボーカリストにもとても大切で、必要なものなんです。

ちなみに音感とコード感は似て非なるものです。
分かりやすくいうと音感は単音、コード感はド・ミ・ソのような複数の音を差します。


もちろんハモったり、コーラスをしたりする時、他のパートの人ときれいにハモるととても気持ち良く、また一人では味わえない歌の面白さが得られます。

でもそれだけではないんです。


ボーカルは他の楽器とハモっている感覚がとても大切なんです。

簡単にいうと、ベースがドを弾き、ギターがミを弾き、キーボードがソを弾き、そしてボーカルがシのフラットを歌う。
そうすると「C7」という美しい響きが出来上がります。

そうアカペラでないかぎり音楽はなんらかの音とハモっているんです。

それが美しく、楽しく、時には悲しい音やリズムさえ生んでゆく芸術なんです。


そんなふうに考えると例えオケでも、どんな楽器がどんな音を出しているのかと、今までと違う角度で聞くことが出来ると思います。

 

(2011年2月3日(木) 20:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ