サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 幸運のちょこれ...

幸運のちょこれーとレシピ☆

数年前に偶然ネットで見て、最近よく作っては、生徒たちやまわりの方々にプレゼントしている『幸運のちょこれーと☆』



『幸運のちょこれーと』とは、実はチョコトリュフなのだけれど、1粒食べたらラッキーなことが一つあり、2粒食べたらラッキーなことが2つあり、3粒食べたらラッキーなことが永遠に続く・・・と、私が願いを込めながら作っています♪♪♪



※余談ですが、恥ずかしすぎてあまり人前で歌ったことがありませんが『幸運のちょこれーと』のうたも、作りました(笑)



さて、この『幸運のちょこれーと』の材料はとってもシンプルで板チョコと生クリームだけ!



出来上がるまでの時間は、30個位で、およそ2時間!



みんなから、よく『おいしい☆』って言ってもらえるので、調子に乗って最近は頻繁に作っています♪



バレンタインデーが近づくこの時期、心を込めて作ってみてはいかがでしょうか?☆☆☆



(ちなみに、全く音楽に関係ない内容なので、スルーしてもかまいません^^)



≪幸運のちょこれーと≫



☆材料(約30個分)

・エアインチョコ
製菓用チョコ・・・200g
生クリーム・・・120g

・コーティング用チョコ
製菓用チョコ・・・300g

※私は、明治の板チョコ(1枚88円のを使用)



☆作り方

1、エアインチョコを作ります。

チョコは細かく包丁などで、削るように砕いておく。

2、生クリームを沸騰直前まで温め、チョコを入れて良く溶かす。

3、粗熱が取れたら冷蔵庫で15分冷やす。

4、冷蔵庫から取り出して、泡だて器で空気を含ませるように、すりまぜ再び冷蔵庫へ。

※これを5分おきに繰り返し、角が立つようになったら、、冷蔵庫で約20分冷やす。

5、スプーンですくって、一口大に丸める。

※全部丸め終わったら、冷蔵庫で冷やしておく。
※手の温度でチョコが溶けてくるので、手早く行います。
※チョコ自体が、柔らかくなって扱いにくくなったら、冷蔵庫に入れて冷やし、作業を繰り返す。

6、コーティング用のチョコを湯煎して溶かす。

7、エアインチョコを入れて、フォークで転がし、コーティング用チョコを全体にからめる。

8、チョコを絡めたら、網の上に乗せ、全体が固まれば、出来上がり☆彡



写真付きで、こちらに詳しく載っています↓
http://www.katch.ne.jp/~takeda/sonota/chocotruffle.htm



よかったら、ぜひ作ってみてね♪♪♪



 

(2011年1月31日(月) 9:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

新着記事

おはようございます! オムライスを作ろうと思って、たまごを1つ割ったら黄身がふたつ。 なんか嬉しい(*´∇`*)

あと2週間。早いな。。 【10月】 *10/5(金)20:00から@東松山レトロポップ食堂 C-forライブ Ba堀田寛 Pf木村千佳子 Gt小林克至 Gt安達正敏 Tp伊藤昌宏 Dr市川忍 Vo金澤敏子 チャージ500円+要オーダー ...

9月21日は、自宅と新所沢と上尾にてレッスン。 話し声から響く通る声にパワーアップした生徒さん。最近、様々な会場でライブをすることが多くなりましたが、天狗にならず初心を忘れず、地域貢献や謙虚な姿勢にも感銘しています。 現状を平常心で説明することも上手な生徒さん。初め...

午前中のレッスンが終わり、移動中の所沢のナポリのかまどで久しぶりのランチ。 ホタテ~美味しい!幸せ(*´∇`*)

9月20日は、上尾と東松山にて臨時レッスン。 前回よりも母音の発音がよく響くようになった生徒さん。響く声が歌にも反映されてきた。 とあるセッションにピアノで参加されるという生徒さん。 デモ音源が速いとおっしゃっていましたが、片手ずつなら簡単に音源と合わ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ