全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング大阪 HOT SUN ボーカルスクール スクールブログ 歌のウォーミン...

歌のウォーミングあっぷ

スポーツ選手が試合前に柔軟をしたり、怪我をしないためであり、
よりよい動きを試合で発揮できるようにするためですね。

同じように歌にもウォーミングアップというものがあります。

歌を歌い終わってから 次の日声がかれてしまったり
いつもは出るのに 本番出なかった音の経験ありませんか?
そんな時のために本番までに体の準備を整えておくための
喉のウォーミングアップを私はお勧めします。
私はこれをやり始めてからライブ後に
声が枯れることが なくなりました。
(私の場合はライブ後にウォームダウンもやります)

でも 腰を痛めている方に腹筋をしろとか
膝が痛いのにヒンズースクワットをしろとか
風邪を引いているのにシャウトの練習をしろとか
ライブ会場でほふく前進をやるのだ!とか
そんな鬼コーチなことは言いません(^▽^@)

口や顎の周りの体操や 大きい声じゃなくて
小さい声からの発声。
息使いが安定するまで 大声は出さない。

あと しなやかな声を出す体の準備としては体を温めること。
喉のウォーミングアップの前に少し柔軟、
軽くジャンプするだけでも温まります。
女性の方でしたら冷え性の方多いですよね。
体の血行をよくすることは歌うことのためだけじゃなく
病気にもなりにくいと言います。
もちろん喉も冷やすより 温めるが良しです。

これからさらに寒くなってゆきますね。
寒さは体力を奪い、体を硬くしてしまいます。
ハーブ、はちみつ、しょうがなど 体を温めるものを
積極的に採るように心がけていくのもいいと思います。

というわけで

今日はウォーミングあっぷ について、でした。








 

(2010年12月12日(日) 23:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Jazz、こぶし演歌も!色んな「歌」に関わった先生だから安心

ブログ記事 ページ先頭へ