全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング大阪 HOT SUN ボーカルスクール スクールブログ 黒人歌手の発声

黒人歌手の発声

黒人歌手の発声についてのお話。
白人やアジア人歌手に比べて 
パワフルでソフトでより深みのある発声が多くみられます。
鼻腔の広さ、下あごの大きさ、声の当てる部分が違うと言われています。

超高音で有名なマライア・キャリーがいますが
私は彼女の低音の歌の方が好きです。

マライアが、スティービーワンダーの曲で You and I 
をライブで披露しているのですが B♭(シの♭)まで低音域があって
上のあの超高音がG#ということで 5オクターブの実力!

ひゃー すごい!!5オクターブです!
低音はズバリ、胸式を使っています!

私は低音は得意です。生バンドとカラオケのようなサウンドとでは 
吸い込まれ方が違うようですが アコースティックや
カラオケサウンドでは B♭は出ます。

低音に関しては声帯の長さが関係していて
それは背の高さにも比例しているので
個人個人で出せる限界が決まっているようです。

限界はあっても 口の「中の」に声を響かせることで
パワフルな声に聞こえたり 息の量によりハスキーな声を演出をしたり
胸式の発声を使って 低音を響かせることで
それに近い発声を訓練してゆくことは可能です。

発声は腹式、腹式とよく言われますけど
私は胸式も大切な要素だと考えます。

低音のポイントが胸式にあるからです。

というわけで今日は 
黒人歌手の発声と 低音について のお話でした。


 

(2010年11月15日(月) 0:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Jazz、こぶし演歌も!色んな「歌」に関わった先生だから安心

ブログ記事 ページ先頭へ