サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 歌の表現力をア...

歌の表現力をアップするには。

私がいつもやっている練習方法です。

だまされたと思ってやってみてください^_^

1、まず、
一回通して歌って録音する。



2、それを聴きながら、歌詞カードにセルフ駄目だしする
できるだけ具体的に、歌詞に書き込んで行く
こういう風にしたらいいかな、ということを書いて行きます。

「やさしく」「力強く」「湿った声で」「笑いながら」「怒りながら」
演劇の台本の「ト書き」みたいな感じかな。

同時に技術的なダメ出しもやってしまう場合は、記号にしてみましょう。
「音を高めに」 ↑
「ビブラート」 ~~~
「語尾を止める」 」
「喉を鳴らす」 ......
などなど。


3、その歌詞カードを見ながら(書かれたことに留意しながら)
もう一度歌って録音する

4、以下、2→3 の繰り返し



これを5回繰り返してみてください。

確実に表現力がアップします!



やっているうちに

「もっと!もっと!」と

自分自身の「出来る範囲」と思ってた枠が大きくなって

表現することに対する「欲」が出て来たらしめたモノです♪

 

(2010年11月13日(土) 15:14)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ