全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 Niccolino ボーカルスクール スクールブログ 今おもうこと。

今おもうこと。

9/28 大学時代からの恩師である 早瀬一洋先生がご病気で亡くなられました。


その日は大切におもう人の誕生日でもあり

先生のご訃報の連絡網は
今まさに誕生日をお祝いしようという直前にまわってきました。


翌日 三鷹の教会で先生にお別れしてきました。


ここのところ、忙しさにかまけて 先生のお宅にご無沙汰してしまいがちでしたが

先生とのレッスン風景の録音、先生のCDは 私のお手本であり
迷子や不安になるたびにききなおす、私の大切な原点のひとつでした。



音楽家として以前に 人として常識のある人間でありなさい。



そう言われたことばが 事あるごとに蘇ってきます。




ここ数日、なんだか目まぐるしく 気持ちが追いついていかないことが立て続けにやってきます。


だけど 自分が今 健康でいられること。両親や大切なひとが 元気で過ごせること。

わたしは歌がうたえること。


ありがとう…というこの感謝の気持ちは 大切なことだと思うんだけど
時にそれは 退屈で 発展性や面白みはなくうつるのかなぁ… と思うと 涙がとまらなくなるのですが


でもやはり自分に嘘なくいこうと思いました。

がむしゃらになる力や例えば悔しいと思うような気持ちは蓄えなくてはならないと思うのですが

でも今 まわりにあることへの感謝の気持ちは
なんだか次々溢れてきてなりません…



またもや みやざきへんてこ日記ですが。




クリスチャンでもある先生が、
レッスンでよくみてくださった讃美歌312番、

これからも大切にしていきたいと思います。


今日のひとりごとです。


(2010/10/4)

 

(2010年10月4日(月) 22:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌のお姉さん!童謡唱歌~ミュージカルまで、技術以外も伝授

ブログ記事 ページ先頭へ