サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【声を出す準備...

【声を出す準備】

歌をうたう事はスポーツと同じで、大変体力を使います。

こんな事を昔聞いた事があります。
プロのボーカリストは一曲歌うと、50mをダッシュしたと同じだけの体力を使うと。

考えてみてください。多分50mダッシュをしたら、相当「ハァハァ」なるでしょう。
そうです。それくらいの体力を使うという事なんです。

これは決してプロだからとかではなく、歌うという行為はそれだけ体力を消耗するんですね。


そこで大切なのが歌う前の準備です。
スポーツと捉えるとわかりやすいと思いますが、準備運動をしないと身体を壊してしまう可能性が高くなります。
逆にしっかりした準備はよい声、伝わる声に繋がるんです。

では準備とは何か。


一番は身体を暖める事です。硬い筋肉では喉などを壊すリスクも上がります。


なので、やはり柔軟が効果的だと思います。そこに深い呼吸もプラスすると尚効果的ですね。
予断ですが、この柔軟と呼吸をバランスよく使い、かつ効果があるものが『ヨーガ』です。
数千年前からこの心と身体のバランスに着目し、実戦してきたインド人には、びっくりでございます。


もし今までいきなり声を出したり、いきなり発声をしていた方。一度少しゆっくり時間をとって身体を暖めてみてください。自分の声の違いにきっと気付くはずです。

 

(2010年10月4日(月) 18:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ライブ当日は結構のんびりしているかもしれません。 緊張はしていますが、やる事はほぼ終わっているので、ゆっくりします。 この頃はレッスンも入れれるようになりました ^_^。 ただ私の場合、しっかりメイク等もあるので油断は出来ません。 その時間も十分に取り会場に出発します。 ...

夏のベランダはサウナにいるような蒸し暑さですが、こんな美しい葉の共演を見ていると涼やかな気分になります。

アーリーハイブリッドティーのドクターヘルフリヒの2番花はブラインド(花芽のつかない事)する事なく香り高い中輪の花を咲かせています。 梅雨時期なのでうどん粉病が新芽や蕾に出てしまっていますが、それでもこの美しさに育て甲斐を感じます。

沢山ブログにあげているギボウシですがこうやって花を見るとユリ科ということがわかります。 向こうが透けて見えそうな筒咲きの花弁から覗くシベはなんだか妖艶な雰囲気があります。

昭和31年大津美子によりヒットしました。 松竹映画「ここに幸あり」の主題歌です。 当時の結婚式ソングのナンバーワンだったそうで、歌詞を読むと時代がわかりますね^ ^。 YouTube→ https://youtu.be/oSJe3qOSegw (音楽療法 始天 ここに幸あり)

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ