全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 歌うということ

歌うということ

『神様は、歌や音楽やお祭りごとが好き。だから、天(空)に向かって歌うようにすると、「お!地上で歌が聴こえるぞ!楽しそうだ。応援してあげよう」と、神様が喜んで、さらに応援してくれるのだそう。』



と、教えてくれたのは、ゴスペル時代にお世話になったTAMAO先生(女性)です。



そのことを、来月の結婚式をあげる友人のために、自分の歌声の入ったCDをプレゼントする生徒に伝えたら、気持ちから変わったみたいで、急に本来の素晴らしい声で歌えるようになりました!



それまでは、腹式呼吸やら色々頭で考えちゃって、思うように歌えなかったんだそう。



私は、いつも思うんだ。神様っていうのは、空にもいるかもしれないけど、実は、神様は人間なんだって思う。感じかた、喜ぶもの、人間が喜ぶものと似ている気がします。



ですから、聴く人の心に響くものは、きっと神様も感動していらっしゃり、壮大なスケールで応援してくださるのだと私は、感じています。



今日、嬉しかったこと!



レッスンである曲を歌うときに、とても心地よくいい気持ちで歌えていらっしゃるのに、語尾の「中央のミ」の音だけが、上がりきらない。



鍵盤で、そこのフレーズを弾き、生徒に歌ってもらうと「ミ」の音が出せるのが、50%くらいの確率。



あれこれ、いくつかの方法を試してみて、すんなりと「ミ」が出せる方法が、見つかった!



その曲は、Amのキーだったため、「ラ」の音から5度間を「あ」の発音で行ったり来たりして練習しました。



そうして、実際に音源と一緒に歌ってもらったら、「ミ」の音がすんなりと歌えている。



生徒にも喜ばれ、私も嬉しかったです!



どんなに、そこのフレーズだけ練習しても、頑固なくせがついてしまっていたようで、ちっとも直らなかったのが、基本に戻った瞬間、からまった糸がスルスルとほどけていくように、すんなりと出るようになった。



「基本に返る。」



「素直になる。」



これって、当たり前のことなんだけど、すごく重要だよね。



音楽だけじゃなくて、日常の中でも、基本が身に付いているかどうかで、その先の応用力が身に付いてくる。



あと、高音を出すときには、アゴを落とすと出しやすくなるよ。



簡単にいうと、アゴを落とすとアゴの下の筋肉が緩むでしょう?



だから、のどがリラックスしてる状態になる。



反対に、高音を出すときに、アゴを上げて歌おうとすると、アゴの下の筋肉がピーンと張ってしまうので、逆にのどが締め付けらるてしまう。



ですから、高音を出すときには、アゴを落とすと出しやすくなります。



ウソだと思う方こそ、ぜひ、試してみてくださいね。



今日は、鴻巣にて、Kさん、Tさん、Yさんのレッスン



おうちで、Kちゃん、Aさんのレッスン



レッスンの合間に、夕飯の支度や坂戸のイベントの自主練に励み、英語の歌詞の発音から改めて練習しなおした。



ブレス→一息でフレーズを歌う→ブレス→一息でフレーズを歌う…の繰り返し。



うぅ(>_<)まだ、詰めが甘い…。



本番は、本田美奈子さんのように、ひとつひとつのフレーズに心を込めて歌えるようになりたい!!!



長々と読んでくださり、ありがとうございます

 

(2010年9月21日(火) 21:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

ブログ記事 ページ先頭へ