全国5万人が受講している「サイタ」

ベトナム語教室・ベトナム語講座

ベトナム語教室・ベトナム語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ベトナム語教室千葉 うきうきベトナム語レッスン スクールブログ あなたの「こん...

あなたの「こんにちは」。「おかゆくれ」になっていませんか?


ベトナム語では声調がとても重要です。

声調とは、要するにイントネーションのことなのですが、
ベトナム語では声調記号なるものが文字に乗っかってくれています。
その記号に合わせて音を上げたり下げたり、切ったりして発音すればいいのです。

で。
カタカナで書くと「チャオ」としか書きようのない挨拶の言葉。
これにベトナムの6つの声調をつけてみると、


1.Chao:平坦に発音
2.Chào:下げる
3.Cháo:上げる
4.Chão:いったん切って、上げる(チャッオ)
5.Chạo:低くおしつけるような感じ
6.Chảo:上げて下げる(がっかりした時の「あ~あ」に近い発音)

となり、全然意味の違う6つの言葉になります。

私も実は2番の「こんにちは」と3番の「おかゆ」と6番の「フライパン」」しか
知らなかったのですが、それぞれに意味があります。
(生徒さんに質問されて、調べてみました)

ちなみに1番のチャオは「腐乳」で、調味料として使われています。
4番は「大きい綱」、5番は「えびのすり身をさとうきびに巻いてつくった食べ物」でした。


そこで、
ベトナム語では一番に習う

「Xin chào シン チャオ(こんにちは)」

という言葉ですが、これは

「シン チャーオ」と尻下がりに発音します。


これを

「Xin cháo」

などと尻上がりに発音してしまうとどうなるか。。。

「Xin」には「請う」という意味もあるので

(おかゆがほしいのか?)

と思われてしまうかもしれません。


まあ。挨拶なんかは、状況的に「こんにちは」だろうと推察してくれると
思うのですが、複雑な言葉を話すようになった時にイントネーションがめちゃくちゃだと
通じません。

私もかつて、

「あなたの『豚』の発音は『女性器』に聞こえます」と

言われたことがあります(恥)


そんな恥ずかしいことにならないためにも
どんどん声に出して練習してみましょうね!

 

(2015年1月24日(土) 7:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハノイ人文社会科学大学に留学し、ベトナム語の学習本も執筆・出版!

うきうきベトナム語レッスン
伊藤宏美 (ベトナム語)

日暮里・秋葉原・西船橋・錦糸町・市川・本八幡・船橋・津田沼・千葉・新浦安・海浜幕張・...

ブログ記事 ページ先頭へ