全国5万人が受講している「サイタ」

ベトナム語教室・ベトナム語講座

ベトナム語教室・ベトナム語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ベトナム語教室千葉 うきうきベトナム語レッスン スクールブログ 「ありがとう」...

「ありがとう」は「カモーン」か「カムーン」か?

先日、レッスンで
「ơ」(日本語にはない「オー」)の発音について説明していました。

この「ơ」

教科書やなんかには「あとおの中間」って書いてあります。
私も初心者の頃にはそうやって覚えたはずなんですが、
すっかり忘れてました。

で、教えるときには「口をこんな風に開けて『おー』って発音すると
『ơ』になります」
なんて教えていたわけですが。。。

生徒さんに
「うーに聞こえますね」と言われて、衝撃を受けました。

自分はどちらかというと「おー」だと思っていたので。


でも確かに、この「ơ」が使われている

「Cảm ơn カム オーン(ありがとう)」というベトナム語。


人によって「カモーン」だったり「カムーン」だったりと
振り仮名を振ってるんですよね。


それは「ơ」の発音が日本語にないから。
振り仮名は「無理やり日本語にすると大体こんな感じ?」にすぎないんです。


だから、教科書に「カモーン」とルビが振られていても
自分がCDやベトナム語話者の発音を聞いて
「カムーン」と聞こえるなら、そのように発音すればいいと思います。


ルビはあまり気にせず、自分の耳を信じて練習しましょう♪

 

(2014年12月23日(火) 5:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハノイ人文社会科学大学に留学し、ベトナム語の学習本も執筆・出版!

ブログ記事 ページ先頭へ