サイタ資格取得講座米国公認会計士講座東京 今日からはじめる米国公認会計士講座 スクールブログ 売上が落ちだす...

売上が落ちだすと不安な会社のコスト構造?

ビジネスは売上からコストを引いて儲けを計算しますが、このコストには変動費と固定費がああることはご存知ですか?

固定費は売上に関係なく毎月かかるコスト。例えば、家賃や事務などのコスト。

変動費は売上に連動して増減があるコスト。例えば、原価や運賃などのコスト。

コストに占める変動費率が高い会社ほど売り上げが落ち込んでもすぐに大きな赤字にはなりませんが、固定費率が高い会社ほど利益の振れ幅が大きいです。売れてる時は、固定費を回収できてしまえば、どんなに売れても固定費は一定ですので、成長もものすごく速いです。スケールメリットなんて言いますよね。

一方で売上が落ちてくれば、売上を上げてなくても固定費は毎月かかりますので、あっというまに赤字が広がります。

ここで、安全な会社を選択する際にちょっと視点を変えてみて会社の収入源も見てみましょう。

固定費を回収できる安定した収入源があるか?例えば、定番商品や家賃収入があると安心ですよね。

毎月固定費が安定収入でカバーできれば会社もおおらかな雰囲気かもしれませんね。



 

(2013年11月12日(火) 16:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

キャリア形成のアドバイスも。まずは会計的な思考を鍛えるお手伝いから

新着記事

経理部門に限らず、簿記3級程度の知識は営業部門やシステム部門などでも求められます。 月次の経営会議では経理部門で作られた損益計算書をもとに話が進められるため、この計算書が作られるルールを知らなければ話している内容が理解できません。 システム部門でも会計システムの導入だったり、システ...

ビジネスは売上からコストを引いて儲けを計算しますが、このコストには変動費と固定費がああることはご存知ですか? 固定費は売上に関係なく毎月かかるコスト。例えば、家賃や事務などのコスト。 変動費は売上に連動して増減があるコスト。例えば、原価や運賃などのコスト。 コストに占める変動...

みなさんが普段買い物をして迷う時、値段は大事な要素ですよね。 この値段は会計から計算されています。コストに利益を上乗せして計算されています。 ちょっと難しい表現になりましたが、ビジネスってそもそもなんでしょう? 簡単に言うと、お金を使ってお金を増やすことなんです。 この...

会計の勉強をはじめてから料理が趣味になりました。 外食のコスト構造(①売上-原価=粗利益 ②粗利益-経費=営業利益)を理解すると自炊の方が贅沢な食材を利用できることが分かります。 ここでの外食はデートなどで使用するレストランをイメージしてみてください。 例えば、外食をざっくり...

ブログ記事 ページ先頭へ