全国5万人が受講している「サイタ」

米国公認会計士講座(資格試験対策)

米国公認会計士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座米国公認会計士講座東京 今日からはじめる米国公認会計士講座 スクールブログ 会計は身近な存...

会計は身近な存在

みなさんが普段買い物をして迷う時、値段は大事な要素ですよね。

この値段は会計から計算されています。コストに利益を上乗せして計算されています。

ちょっと難しい表現になりましたが、ビジネスってそもそもなんでしょう?

簡単に言うと、お金を使ってお金を増やすことなんです。

この流れを会計を使って記録して決算書を作っています。

決算書は、会社の通信簿みたいなものなので物凄く会社も意識してます。

そして、相場もありますが実は、この決算書も値段を左右するツールになっているんです。

そもそも赤字ならば、ビジネスなんてしないで銀行に預けておく方が儲かりますよね。

このあたりが分かってくるとより良い買い物ができると思います。

例えば、洋服。

セールを毎年よく見かけますが、悪く言えば売れ残り。

でも、会計的な視点で見ると売り手の事情も見えてきます。洋服の質は定価でもセールでも同じものです。(欠陥品は除きますが。)素材は食品のように劣化しているわけではありません。

洋服は流行りものではありますが、素材が良いものならセールも試してみる価値は十分にありそうですね。





 

(2013年11月8日(金) 8:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

キャリア形成のアドバイスも。まずは会計的な思考を鍛えるお手伝いから

今日からはじめる米国公認会計士講座
田中信一郎 (米国公認会計士)

恵比寿・中目黒・学芸大学・都立大学・自由が丘

ブログ記事 ページ先頭へ