全国5万人が受講している「サイタ」

ウクレレ教室・レッスン

ウクレレ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ウクレレ教室神奈川 ASLウクレレスクール スクールブログ テナータイプ

テナータイプ

プロの世界では、わりと多くの
アーティストが愛用しています。
楽器の個性というよりは、
安定した音程ということが
重視されているからだと思いますが、
確かにこのタイプになると、
安定感はバツグンです。
フレットのサイズもほどよく、
個人的にはいちばん弾きやすいです。

ウクレレをはじめた頃は、弾いても
なんだかウクレレっぽいコロコロした
音がしないので、あまり興味が
なかったのですが、最近はちょっと
考え方が変わってきました。
ハイポジションで音が狂うのは、
弾いていてストレスを感じますし、
何より弾きやすいのがいいです。
演奏スタイルがコードを弾きながら
歌うというよりソロを弾きたい
ことも影響はしていると思いますが...。

バリバリなウクレレの音色で
っという人にはむかないと
思いますが、ウクレレ界の
押尾コータローを目指される方には、
テナーのがいいかもしれません。
スタンダードとは違うとはいえ、
ウクレレの音色がまったくないわけでも
ありませんし。とくに男性の方には、
おすすめしたいタイプです。

 

(2009年11月14日(土) 11:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌のライターもこなす情報通。業界裏も学べるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ