サイタ音楽教室ウクレレ教室神奈川 ASLウクレレスクール スクールブログ ロストテープス

ロストテープス

私が教室へ通っていた頃のことです。
ハーブオオタさんが若い頃に
録音したテープのことが話題に。

後に「レジェンダリー・ウクレレ」
というタイトルで発売されたCDで、
物凄いテクニックが満載でした。
現在、このCDは絶版となり
入手不可となっていますが、
できれば、再販してもらいたいです。
飲みながら演奏したといいますが、
酔ってるわりに、ミスひとつなく
完璧な演奏を聴かせてくれます。

教室でこの話をしていると、なんと、
私の師匠は、完全版のテープを
持っていました。
CDだと1時間に編集されていますが、
師匠のテープは
60分テープが3本もありました。
とにかくお願いして、ダヴィングさせて
もらったことを覚えています。
CD発売後にテープと聞き比べてみましたが、
雑談部分はきちんとカットされていました。

ファンとしては、雑談部分が
少しだけでも入っているとよかったかも。
テープは「この人のウクレレすごい」という
話声から始まって、今と変わらない
オオタさんの遠慮がちな言葉が入ってきます。
音質はあまりよくないのですが、すっかり、
数十年前のオオタさんと
時を同じくできたような気になれ
うれしかったのを覚えています。

 

(2009年10月30日(金) 23:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌のライターもこなす情報通。業界裏も学べるレッスン

新着記事

ウクレレの最新情報の入手におすすめなのが フリーペーパーとして有名な 「Rolling Coconuts」という情報誌です。 小型版でページ数も少ないのですが、 何よりも無料というのがうれしい。 毎回、譜面も用意されているので、 読んで楽しく、弾いて楽しめる冊子です。 夏にな...

カマカやコアロハなどハワイ製のウクレレには たいてい黒いウクレレ弦がはられています。 カマカは自社のものを使っていますが GHSやHilo Stringsといったメーカーも 黒いウクレレ弦をつくっています。 ところで、この黒いウクレレ弦ですが もとは同じものって知っていましたか...

生まれてはじめてアロハシャツをゲットしました。 ウクレレを弾いているので持っていそうですが それまでアロハシャツには縁がなかったのです。 歴史とかは調べたことはあったのですけどね(笑)。 なんだかんだと、縁のない生活をしてきました。 ところが、某事情があってアロハシャツ...

2003年の夏、T's Guitarさんから ユニークな材を使ったオークウクレレが 誕生して話題を呼びました。 これは、サントリーのウイスキー樽を 原料に作ったウクレレです。 残念ながら、現在は樽曲がり材の 供給が終了したためつくられていませんが 合計で106本製造されたとか。 ...

プロの世界では、わりと多くの アーティストが愛用しています。 楽器の個性というよりは、 安定した音程ということが 重視されているからだと思いますが、 確かにこのタイプになると、 安定感はバツグンです。 フレットのサイズもほどよく、 個人的にはいちばん弾きやすいです。 ウク...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ウクレレレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ