サイタ音楽教室ウクレレ教室神奈川 ASLウクレレスクール スクールブログ ミニギターはど...

ミニギターはどこまで使えるか



ギターをはじめて、しばらくたつと
ミニギターという存在が気になってきます。
なにしろ持ち運びは便利そうだし、
音も小さそうなので夜の練習にも
いいのではないか、って思うのですね。
私も何本か試してはきましたが
結論から先にいうと...

ミニギターはメインギターにならない

ということです。最近では
リトルマーチンやベビーテイラーなど
クオリティの高いミニギターがあります。
なるほど弾いてみるといい音ですし、
へたなノーマルギターよりよかったりします。

でも、どうしてもパワーが足りないのです。
体積が小さいから仕方ないのですが
鼻づまりの音になってしまいます。
指弾きは何とかいけてもストロークは
ちょっと物足りないというのが本当のところです。

あくまでもサブギターとしてなら
十分役立ってくれるとは思います。

 

(2009年10月19日(月) 13:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌のライターもこなす情報通。業界裏も学べるレッスン

新着記事

ウクレレの最新情報の入手におすすめなのが フリーペーパーとして有名な 「Rolling Coconuts」という情報誌です。 小型版でページ数も少ないのですが、 何よりも無料というのがうれしい。 毎回、譜面も用意されているので、 読んで楽しく、弾いて楽しめる冊子です。 夏にな...

カマカやコアロハなどハワイ製のウクレレには たいてい黒いウクレレ弦がはられています。 カマカは自社のものを使っていますが GHSやHilo Stringsといったメーカーも 黒いウクレレ弦をつくっています。 ところで、この黒いウクレレ弦ですが もとは同じものって知っていましたか...

生まれてはじめてアロハシャツをゲットしました。 ウクレレを弾いているので持っていそうですが それまでアロハシャツには縁がなかったのです。 歴史とかは調べたことはあったのですけどね(笑)。 なんだかんだと、縁のない生活をしてきました。 ところが、某事情があってアロハシャツ...

2003年の夏、T's Guitarさんから ユニークな材を使ったオークウクレレが 誕生して話題を呼びました。 これは、サントリーのウイスキー樽を 原料に作ったウクレレです。 残念ながら、現在は樽曲がり材の 供給が終了したためつくられていませんが 合計で106本製造されたとか。 ...

プロの世界では、わりと多くの アーティストが愛用しています。 楽器の個性というよりは、 安定した音程ということが 重視されているからだと思いますが、 確かにこのタイプになると、 安定感はバツグンです。 フレットのサイズもほどよく、 個人的にはいちばん弾きやすいです。 ウク...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ウクレレレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ