サイタ音楽教室ウクレレ教室神奈川 ASLウクレレスクール スクールブログ はじめてのギタ...

はじめてのギター

これからギターをはじめようという方が
アコースティックギターを購入する時、
どんなギターを買えばいいのか悩みますね。
考え方は、大きく2つに別れるようです。

ひとつは、続けるかどうかわからないから
安いギターにしようというもの。
もうひとつは、何年か腰を据えて
ちょっといいものを買おうというものです。

私は前者の考え方はおすすめしません。
安いギターは、やはりよくないのです。
音が悪いということだけでなく
音があわない、弾きにくいといったものが
本当に多いのです。

弾きにくいというのがポイントで、
まともなギターなら音がでるのに
安いギターがために、きれいな音がでない。
これは結構多い落とし穴なのです。
ギターに挫折する方の大半は、安い
ギターを買われた方が少なくありません。

せっかくはじめようと思ってはじめたのに
これでは続ける意欲が失われますから
本当にもったいないことだと思います。
購入の際は、せめて名のあるメーカーの
ものにしてくださいね。

 

(2009年10月13日(火) 16:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌のライターもこなす情報通。業界裏も学べるレッスン

新着記事

ウクレレの最新情報の入手におすすめなのが フリーペーパーとして有名な 「Rolling Coconuts」という情報誌です。 小型版でページ数も少ないのですが、 何よりも無料というのがうれしい。 毎回、譜面も用意されているので、 読んで楽しく、弾いて楽しめる冊子です。 夏にな...

カマカやコアロハなどハワイ製のウクレレには たいてい黒いウクレレ弦がはられています。 カマカは自社のものを使っていますが GHSやHilo Stringsといったメーカーも 黒いウクレレ弦をつくっています。 ところで、この黒いウクレレ弦ですが もとは同じものって知っていましたか...

生まれてはじめてアロハシャツをゲットしました。 ウクレレを弾いているので持っていそうですが それまでアロハシャツには縁がなかったのです。 歴史とかは調べたことはあったのですけどね(笑)。 なんだかんだと、縁のない生活をしてきました。 ところが、某事情があってアロハシャツ...

2003年の夏、T's Guitarさんから ユニークな材を使ったオークウクレレが 誕生して話題を呼びました。 これは、サントリーのウイスキー樽を 原料に作ったウクレレです。 残念ながら、現在は樽曲がり材の 供給が終了したためつくられていませんが 合計で106本製造されたとか。 ...

プロの世界では、わりと多くの アーティストが愛用しています。 楽器の個性というよりは、 安定した音程ということが 重視されているからだと思いますが、 確かにこのタイプになると、 安定感はバツグンです。 フレットのサイズもほどよく、 個人的にはいちばん弾きやすいです。 ウク...

ブログ記事 ページ先頭へ