全国5万人が受講している「サイタ」

ウクレレ教室・レッスン

ウクレレ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ウクレレ教室神奈川 ASLウクレレスクール スクールブログ フレットの限界...

フレットの限界?



フレットは便利な反面、デメリットもあります。
音程がどうしても不安定になるのです。
ギターでもウクレレでも、フレットの計算式は
ありますが、どうしても誤差が出るとのこと。
クラシックの楽器でフレットのあるものが
使われていないのは、こうした理由もあります。

ギターやウクレレは、フレットのある楽器なので
フレットの影響は避けられません。
ギターでもオクターブピッチのあわないものや
ネックが短いウクレレではなおさら
音程が合わないものがでてきます。

これを少しでも防ぐには、調整しかありません。
オクターブピッチがあわない場合は
フレットのすり合わせで直ることもあります。
ネックの反り具合も影響がありますね。
そう考えると、ギターもウクレレも
とてもデリケートな楽器といえるでしょう。

ギターやウクレレを選ぶ時、オクターブピッチが
正確かどうかも、選ぶ目安にしておくと
いいかもしれません。

 

(2009年10月17日(土) 14:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌のライターもこなす情報通。業界裏も学べるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ