全国5万人が受講している「サイタ」

小論文の家庭教師(大学受験対策)

小論文の家庭教師(大学受験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,100円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

家庭教師(受験対策)大学受験の家庭教師小論文の家庭教師東京 受験の為の小論文講座  スクールブログ 修士論文からの...

修士論文からの気付き

今週の水曜日に、今通っている大学院の事務に、修士論文を提出しに行きました!正直言いますと、以前ほど、論文を書くことを難しいとは思わなくなりました!それどころか、自慢じゃないですが、結構すらすら書けるようになったのです。

大学の卒業論文を書いた時は、全くそんなことありませんでした。むしろ、初めての論文で、右も左もわからず、手さぐり状態です。指導教授や先輩に書き方を教えて頂いたり、自分で人の書いた論文を読んだりしましたが、形式を知ってその通りに書いたところで、いったい自分はどうしてこの形式で書いているのだろう、とか、そもそも論文って何??とか、そのような本質的な疑問ばかり、頭の中をぐるぐるしていました。

しかし、修士論文を書いていたある日、ふと、どういうきっかけかは覚えてませんが、自分の頭の中で、何かが整理され、論文というものの本質を理解できた(ような気がする)のです。同時に、「そういえばこういう卒業論文とか修士論文って、小論文と考え方は同じじゃん!」って思いました。ただ、頭の中で考えるだけでは、机上の空論となってしまうかもしれなかったので、実際に自分の考えた教え方で、受験生に小論文を書けるようになってほしいと思いました。

そして、実際に、去年の今頃に、父親の経営する進学塾に通っている一人の生徒に、小論文を教え、そして嬉しいことに、彼は志望校に合格しました。自分もその助けになったことがとても嬉しく、純粋に、もっとたくさんの受験生に、小論文をわかってもらいたいと思うようになりました。

小論文は、僕も大学受験の時に家庭教師から教わりましたが、正直、良い教え方ではなかったと思います。結果的に志望校には合格しましたが、結局、小論文って何なのか、よくわからずに終わってしまった感じだったからです。しかし、今の僕ならそんな思いはさせない自信があります!理解できなかった経験をしてる自分だからこそ、教えられることは多いと確信しています!

長くなりましたが、とりあえずこんなところにしておきます。こういう場では初めて書いたブログなので、普段SNSで書いてる文章よりだいぶ固くなってしまったかもしれません。笑 徐々に慣れていけたらいいなあと思います。笑

 

(2014年1月11日(土) 1:00)

次の記事

この記事を書いたコーチ

慶大文学部、大学院に合格!つまづきがちなポイントもじっくり解消

受験の為の小論文講座 
高坂浩一 (小論文の家庭教師)

東京・新橋・品川・横浜・大崎・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋...

ブログ記事 ページ先頭へ