全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語の家庭教師(大学受験対策)

韓国語の家庭教師(大学受験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,100円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

家庭教師(受験対策)大学受験の家庭教師韓国語の家庭教師東京 韓国語受験レッスン スクールブログ ダブルスクール...

ダブルスクール!

韓国語受験レッスンのパクです。

Cyta.jpでは、本スクールの他、楽しく韓国語を学ぶことに主眼をおいた、「夢を叶える韓国語レッスン」の教室も開講しています。

韓国語は、英語や中国語と違い、日本語にとても近い言語です。
近い言語だからこそ、「じゃあ、何が違うのか?」、このポイントを押さえることが肝要。

一言で、そこにあるのは、その国の文化です。

韓国の文化と日本の文化。
この両方を理解してこそ、初めて見えてくる「韓国語ワールド」があるんです。

例えば、日本語のちっちゃい「っ」。 吃音、詰まる音ですね。

キック。
スリッパ。
ホット。

声に出してみてください。
そして、自分の舌の動きを探ってみてください。

※1
キックは、舌が口内のどこにも触れませんよね。
スリッパは、唇がつきますよね。
ホットは、舌先が前歯の裏につきますよね。

同じ詰まる音の発音でも、日本語って「っ」の後ろの音の影響を受けているんですね。

ク、パ、ト。

それぞれ、舌の動きが、上の※1と一緒ですよね。

これって、とても日本人的な発音だと思います。
自己主張よりも、相手を受け入れることを美徳とする、日本の文化。

韓国語の吃音は、そんなことはありません。
後ろの音がなんであろうが、俺は俺的な発音方法なんです。
自己主張の強い、韓国人的な発音です。

韓国語の吃音について、ここで説明するのは難しいので、それは体験レッスンの時にでも。

今日はこれくらいで。

 

(2013年9月5日(木) 9:47)

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学で8年間韓国語講師を担当。センター試験~留学を見据えた指導までOK

韓国語受験レッスン
パクソンド (韓国語の家庭教師)

東京・巣鴨・田端・西日暮里・日暮里・鶯谷・上野・御徒町・秋葉原・神田・南浦和・尾久・...

ブログ記事 ページ先頭へ