サイタ家庭教師(受験対策)大学受験の家庭教師ドイツ語の家庭教師神奈川 ドイツ語の家庭教師スクール スクールブログ ドイツ語修得へ...

ドイツ語修得への道

私がドイツ語に初めて触れた時は、ドイツという国に対する知識もほとんどなく、まっさらな状態だったといえます。

語学学校で習うペースもかなり速く、最初は同じコースを繰り返して受講したりしていました。

これではいけない、と思い、まず常に小さな辞書を持ち歩くようにしました。
今は電子辞書があるので、とてもコンパクトで楽になりましたが、当時は結構重かったです。

そして、日常生活のなかで目についた物やちょっとしたフレーズを、これはドイツ語でなんて言うのだろう、と片端から調べていました。

この方法で、学校で習うより多くの言葉を覚えることができたと思います。

辞書(電子辞書)を持ち歩くのは、ドイツ生活の最後まで続けていましたし、日本に住む現在もドイツ人のかたと接する機会があるので、常に手の届く所に置いています。(^^)

 

(2013年5月6日(月) 12:20)

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドイツ滞在27年、現地で医療スタッフも。自然に身につくコツを伝授

新着記事

日本人は、英語にはかなり触れてきて、話せないという人でもかなりの単語を知っています。 日常生活にもカタカナでいろいろな単語が入っています。 でも、ドイツ語となると、馴染みが薄く、日常生活で使っているものでも、気がつかないですね(^-^) 医療関係や登山、スキーなどの言葉にドイツ語...

私がドイツ語に初めて触れた時は、ドイツという国に対する知識もほとんどなく、まっさらな状態だったといえます。 語学学校で習うペースもかなり速く、最初は同じコースを繰り返して受講したりしていました。 これではいけない、と思い、まず常に小さな辞書を持ち歩くようにしました。 今は電子辞書...

ブログ記事 ページ先頭へ